篠原菊紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠原 菊紀(しのはら きくのり、1960年 - )は、日本脳科学者諏訪東京理科大学教授。専門は脳神経科学、応用健康科学。

来歴[編集]

長野県茅野市出身。長野県諏訪清陵高等学校東京大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科修了。

東京理科大学諏訪短期大学講師助教授を経て、諏訪東京理科大学共通教育センター教授、学生相談室長。東京理科大学総合研究機構併任教授。

研究活動[編集]

多チャンネルNIRSと視線追尾システムを使って、「学習しているとき」「運動しているとき」「遊んでいるとき」「CMを見ている時」など日常的な場面での脳活動を調べている。

アミューズメント、教育、自動車産業などと共同研究多数。

新学社と「幼児と脳」、幼児ポピー監修中。JEITA、新学社、学研などと「iPadなど電子メディアと脳」。日産と「車内環境と脳」。ビクターと「高品質音と脳」。シグナルトークと「ネットゲームで認知機能低下予防」。エポックと「ジグソー脳力検定」。バンダイと「ガンプラと脳」。豊丸とパチンコを社会的な健康資源とする研究。東村山のパチンコ大学95と「健康ぱちんこ」、広島のプローバグループと「遊びで元気になろうキャンペーン」。酒井らと写真療法。かずきらと化粧療法、ほか。

快とハマりの素描を通したニューロマーケティングと、アミューズメント産業の健康資源化を通して高齢化対応社会システムの構築が目標。

パチンコ中の血中物質変化から、パチンコ頻度とエンドルフィン、ドーパミン分泌の関係などを見出したことでも著名。同様の手法で旅と健康の関係、交通ストレスの調査を、国土交通省交通政策研究所客員研究官として手がけた。

監修[編集]

サルヂエ」で脳年齢推定監修。2007年4月から、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」で「シノハラ教授 お昼の脳トレ」というコーナーの監修を担当した。TBS系「おとなの教室」脳トレ監修。

NHK「ためしてガッテン」「クローズアップ現代」「Shibuya Deep A」「夏休み子ども科学電話相談」「まる得マガジン」「あさイチ」、日テレ「目がテン」「スッキリ!!」「DON!」「不可思議探偵団」「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」、テレビ朝日「ガリレオ脳研」「みんなの家庭の医学」、フジ「エチカの鏡」「アンビリーバボー」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ東京「ニッポンのミカタ」、SBC「3時は!ららら♪」「モーニングワイド ラジオJ」などでちょっとした脳実験や解説。

著書に「脳が冴える40代からの生活習慣」(知的生き方文庫)「片づけ脳の育て方」(ベストセラーズ)「一生クビにならない脳」「ニューロマーケティング入門」「子供が勉強にハマる脳の作り方」「勉強にハマる脳の作り方」(フォレスト出版)、「その気にさせる脳のつくり方」(静山社)、「未来の記憶のつくり方」(化学同人)、「脳トレ」(講談社)、「不老脳」(アスキーメディア新書)、「キレない子どもの育て方」(集英社)など。 永岡書店のナンプレシリーズの監修も長い。

その他[編集]

髭がトレードマークで、最近はそれ以上に禿頭が目立ってきており、「はげひげ」と呼ばれている。ブログ名も「はげひげの脳的メモ」。

パチンコメーカー豊丸産業と共同研究中。売れる台のほか、世のため人のための台開発、パチンコ店を社会資源として生かすシステムづくりを目指している。パチンコ大学でのウォーキング促進キャンペーン、プローバグループとの遊びで元気になろうキャンペーンなど地域健康教育的な試みもその一環。ユーザーが行きはウォーキング、帰りはオンデマンドバス。ついでに崩壊しつつある地域公共交通をパチンコチェーンが支える地域貢献を提唱している。

NHK夏休み子ども科学電話相談「こころとからだ」担当。

書籍[編集]

  • 頭がいい子を育てる 8つのあそびと5つの習慣(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2013年3月)
  • 頭がよくなる大人のなぞなぞ(中経出版、2013年4月)
  • 息子育てが楽しくなる! 男の子あるある(小学館、2012年10月)
  • 脳は、あなたにウソをつく (KAWADE夢新書)(河出書房新社、2012年6月)
  • 頭のいい子を育てる あそべるおりがみ―おればおるほどかしこくなる(主婦の友社、2012年6月)
  • 「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方(ブックマン社、2012年5月)
  • 考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー(永岡書店、2012年3月)
  • 頭がよくなるこどものきりがみ(文化出版局、2012年2月)
  • 「しなやか脳」でストレスを消す技術(幻冬舎、2012年1月)
  • 仕事が変わる「5つの脳グセ」 できる人がやっている上手な脳の活用法(大和出版、2011年11月)
  • 逸品 超難問ナンプレ130選 迦楼羅(かるら)(永岡書店、2011年8月)
  • 秀作 超難問ナンプレ130選 ガイア(永岡書店、2011年4月)
  • 極選 超難問ナンプレ130選 メビウス(永岡書店、2011年4月)
  • 2歳~5歳児の脳を育てる子ども体操 本当の意味で「頭のいい子」に育てるために(講談社、2011年4月)
  • 秀逸 超難問ナンプレ130選 Λ(ラムダ)(永岡書店、2010年12月)
  • 脳が冴える40代からの生活習慣 (知的生きかた文庫)(三笠書房、2010年11月)
  • 生き方上手になるための「片づけ脳」の育て方 (ベストセラーズ、2010年10月)
  • 脳が目覚める「錯視」クイズ77 (講談社、2010年7月)
  • 秀逸 超難問ナンプレ130選 青龍(せいりゅう) (永岡書店、2010年4月)
  • 極選 超難問ナンプレ130選 玄武(げんぶ) (永岡書店、2010年4月)
  • ニューロマーケティング入門(フォレスト出版、2010年4月)
  • 頭はもっとよくなる 9つのトレーニング(マガジンハウス、2010年2月)
  • 一生クビにならない脳(フォレスト出版、2010年9月)
  • 全てのスポーツが上手くなる! スポーツ脳トレーニング (Futsal navi series)(白夜書房、2010年4月)
  • 子供が勉強にハマる脳の作り方「脳科学」と「臨床心理学」が合体!「天才脳」ができる46のレッスン (フォレスト出版、2010年1月)
  • 秀作 超難問ナンプレ130選 白虎(びゃっこ) (永岡書店、2009年12月)
  • 脳科学者が教える 子どもの地頭をよくする方法(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2009年11月)
  • 男の子の脳を伸ばすのはどんな親?(宝島社、2009年11月)
  • 6歳 ぐんぐんちからをつけよう (IQ・EQ開発シリーズ)(永岡書店、2009年10月)
  • 3歳 ママといっしょに できるかな (IQ・EQ開発シリーズ) (永岡書店、2009年10月)
  • 4歳 じぶんでできたよ (永岡書店、2009年10月)
  • 5歳 たのしくのばそう(永岡書店、2009年10月)
  • 成功したければ前頭葉を鍛えなさい!(アスコム、2009年10月)
  • 勉強にハマる脳の作り方 (フォレスト出版、2009年4月)
  • 名品 超難問ナンプレ130選 Poseidon(ポセイドン)(永岡書店、2009年3月)
  • 図解・頭をバージョンアップする 潜在脳の活かし方(永岡書店、2009年2月)
  • もっとペタペタはろう! 3・4・5歳(永岡書店、2008年11月)
  • 極選 超難問ナンプレ130選 Olympos(オリンポス)(永岡書店、2008年9月)
  • キレない子どもの育て方(集英社、2008年6月)
  • 「脳トレ・キャンプ」DVD付き シノハラ教授の年をとるほど「頭」を良くする「脳トレ」(講談社、2007年9月)
  • ゴロ寝で10分!脳を鍛える聴くだけドリル(きこ書房、2006年9月)
  • サルヂエ脳トレ!―能力別脳年齢チェッククイズ(ワニブックス、2006年8月)
  • ボケない頭をつくる60秒活脳体操(法研、2006年4月)
  • 「集中脳」をつくる30の方法(中経出版、2005年7月)
  • 脳トレーニング―脳がぐんぐん若返る! (永岡書店、2005年9月)
  • 脳がみるみる若返る速聴ドリル 速聴CD付き(きこ書房、2004年11月)
  • 脳がみるみる若返る速聴ドリル 速聴CD付き(きこ書房、2004年11月)
  • 僕らはみんなハマってる―脳からみた快感と依存の論理(オフィス・エム、2002年4月

外部リンク[編集]