田村滋美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田村 滋美
たむら しげみ
生年月日 (1938-07-20) 1938年7月20日(80歳)
出生地 宮城県仙台市
出身校 東北大学工学部
現職 公益財団法人東電記念財団理事長
テンプレートを表示

田村 滋美(たむら しげみ、1938年7月20日[1] - )は公益財団法人東電記念財団理事長[2]東京電力会長(2002年-2008年)、東京電力自然学校校長、ビューティフル・エージング協会理事長、産業創造研究所理事長などを歴任した。

人物[編集]

岡山県出身[1]東北大学時代にローマオリンピックボート競技(エイト)に出場した経験を持つ[3]。2002年、東京電力原発トラブル隠し事件で退任した経営陣の後を受けて会長に就任、2008年まで務めた。

三菱重工業長崎造船所の世界最大級の容量を誇る液化天然ガス運搬船「アルト アクルクス」を命名した人物でもある[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Shigemi Tamura Bio, Stats, and Results”. Sports Reference LLC. 2015年1月20日閲覧。
  2. ^ 理事長挨拶”. 公益財団法人東電記念財団. 2015年1月20日閲覧。
  3. ^ “[直球曲球]田村滋美・東京電力副社長 企業活動はチームワーク”. 読売新聞: p. 8. (2001年11月20日) 
  4. ^ “世界最大級のLNG船 命名「アルト アクルクス」=長崎”. 読売新聞長崎: p. 33. (2008年3月7日)