筑豊鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筑豊鉄道
路線範囲 福岡県
運行 1891年–1897年
後継 九州鉄道国鉄を経て
JR九州筑豊本線
平筑伊田線など
軌間 1067mm
テンプレートを表示
筑豊鉄道

九州鉄道に合併当時

距離は鉄道省 (1937)
KBHFa
0.0 若松
kABZq3
10.8 折尾
kABZg+1
九州鉄道
BHF
14.9 中間
DST
底井野(信)
BHF
21.2 植木
DST
23.6 新入(貨)
BHF
24.8
0.0
直方
ABZgl STR+r
STR BHF
9.9 金田[1]
STR KDSTe
11.0 金田貨物[2]
BHF
31.3
0.0
小竹
STR+l ABZgr
BHF STR
4.9 幸袋
KBHFe STR
5.6 幸袋炭鉱[2]
BHF
34.7 鯰田
BHF
39.4 飯塚
KBHFe
46.4 臼井

筑豊鉄道(ちくほうてつどう)は、かつて福岡県に存在した鉄道事業者である。

筑豊で産出される石炭の輸送を目的に、1891年筑豊興業鉄道(ちくほうこうぎょうてつどう)として設立され、今の筑豊本線などを建設した会社が1894年に改称したもの。1897年九州鉄道へ合併され、1907年鉄道国有法により国有化された。

沿革[編集]

路線の詳細な沿革については各路線記事を参照のこと。

  • 1889年(明治22年)7月12日:筑豊興業鉄道[3]に対し鉄道布設免許状下付[4]
  • 1890年(明治23年)11月19日:鉄道布設免許状下付[5]
  • 1891年(明治24年)8月30日:若松 - 直方間開業
  • 1892年(明治25年)10月28日:直方 - 小竹間開業
  • 1893年(明治26年)2月11日:直方 - 金田間開業
  • 1893年(明治26年)6月30日:中間 - 九州鉄道黒崎間の連絡線開業
  • 1893年(明治26年)7月3日:小竹 - 飯塚間開業し、若松 - 飯塚間が全通[6]
  • 1894年(明治27年)8月15日:筑豊鉄道に社名変更
  • 1894年(明治27年)12月28日:小竹 - 幸袋 - 幸袋炭坑間開業[7]
  • 1895年(明治28年)4月5日:飯塚 - 臼井間開業[8]
  • 1897年(明治30年)10月1日:九州鉄道に合併

保有路線[編集]

1897年9月時点

輸送・収支実績[編集]

年度 乗客(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 益金(円)
1891 111,025 55,468 28,674 24,213 4,461
1892 193,676 183,372 113,510 68,436 45,074
1893 335,576 545,714 265,129 164,159 100,970
1894 440,510 991,107 506,274 187,957 318,317
1895 577,432 1,307,056 677,859 277,534 400,325
1896 761,263 1,412,842 759,201 344,611 414,590
1897 545,440 822,430 455,728 210,156 245,572
  • 「官私設鉄道運輸延哩程累年表」「官私設鉄道営業収支累年表」『鉄道局年報』明治38年度(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)より

車両[編集]

蒸気機関車[編集]

1897年の九州鉄道への合併時点で、次の9形式30両が在籍した。山陽鉄道から譲り受けた2両以外は、すべてアメリカボールドウィン・ロコモティブ・ワークス製であった。

1
1889年米ボールドウィン製。車軸配置0-4-0 (B) のサドルタンク機 → 九州鉄道71形 (71)
2
1889年米ボールドウィン製。車軸配置0-4-2 (B1) のリアタンク機 → 九州鉄道72形 (72)
3, 4, 10-14, 17-19, 27, 28
1890-1895年米ボールドウィン製。車軸配置2-6-2 (1C1) のタンク機 → 九州鉄道73形 (73, 74, 80-84, 87-89, 97, 98) → 鉄道院3300形 (3306-3317)
5, 6
1880年バルカン・ファウンドリー製。車軸配置2-4-2 (1B1) のタンク機。旧山陽鉄道25, 27 → 九州鉄道75形 (75, 76) → 鉄道院700形 (715, 700)
7, 8, 15, 16, 29, 30
1892-1895年米ボールドウィン製。車軸配置2-6-0 (1C) のテンダ機 → 九州鉄道77形 (77, 78, 85, 86)・99形 (99, 100) → 鉄道院8000形 (8000-8005)
9
1892年米ボールドウィン製。車軸配置2-6-0 (1C) のテンダ機 → 九州鉄道79形 (79) → 鉄道院8050形 (8050)
20, 21
1894年米ボールドウィン製。車軸配置0-6-0 (C) のタンク機 → 九州鉄道90形 (90, 91) → 鉄道院1320形 (1320, 1321)
22-24
1895年米ボールドウィン製。車軸配置0-8-0 (D) のタンク機 → 九州鉄道92形 (92-94) → 鉄道院4030形 (4030-4032)
25, 26
1895年米ボールドウィン製。車軸配置0-6-0 (C) のタンク機 → 九州鉄道95形 (95, 96) → 鉄道院1010形 (1012, 1013)

車両数の推移[編集]

年度 機関車 客車 貨車
1891 4 8 100
1892 6 8 280
1893 14 19 496
1894 21 19 700
1895 35 22 762
1896 30 22 1,022

脚注および参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾 (2009) は9.8km
  2. ^ a b 今尾 (2009) による
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治27年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「鉄道布設免許状下付」『官報』1889年7月17日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道布設免許状下付」『官報』1890年12月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『鉄道局年報. 明治26年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 『鉄道局年報. 明治27年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 『鉄道局年報. 明治28年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 鉄道省 『昭和12年10月1日現在鉄道停車場一覧』 鉄道省(覆刻:鉄道史資料保存会)、東京(覆刻:大阪)、1937年(覆刻:1986年)、pp. 149, 150, 154, 155。ISBN 4-88540-048-1
  • 今尾恵介(監修) 『九州・沖縄』 新潮社〈日本鉄道旅行地図帳12〉、2009年ISBN 978-4-10-790030-2

関連文献[編集]

  • 田中邦博、長弘雄次「北部九州における筑豊興業鉄道に関する史的研究」、『土木史研究』第17巻、土木史研究、1997年、 475-486頁、 doi:10.2208/journalhs1990.17.475

関連項目[編集]