渡辺一民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡邊 一民(わたなべ かずたみ、1932年1月5日 - 2013年12月21日)は、フランス文学者文芸評論家立教大学名誉教授

東京生まれ。父は日東製粉勤務・渡辺昇。1955年東京大学文学部仏文科卒。60年同大学院博士課程満期退学、立教大学一般教育部専任講師、63年助教授。65年立教大学文学部フランス文学助教授、70年教授。81-83年文学部長。1982年『岸田国士論』で亀井勝一郎賞を受賞した。97年立教大学を定年退職。同年立教大学名誉教授の称号を受ける。

前妻は酒匂秀一の娘[1]

著書[編集]

  • 『神話への反抗』(思潮社、1968年)
  • ドレーフュス事件 政治体験から文学創造への道程』(筑摩書房、1972年)
  • 『文化革命と知識人』(第三文明社、1972年)
  • 『近代日本の知識人』(筑摩書房、1976年)
  • 『フランス文壇史』(朝日選書、1976年)
  • 『西欧逍遥』(講談社、1978年)
  • 『岸田国士論』(岩波書店、1982年)
  • 『ナショナリズムの両義性 若い友人への手紙』(人文書院、1984年)
  • 林達夫とその時代』(岩波書店、1988年)
  • 『故郷論』(筑摩書房、1992年)
  • 『フランスの誘惑 近代日本精神史試論』(岩波書店、1995年)
  • 『〈他者〉としての朝鮮 文学的考察』(岩波書店、2003年)
  • 中島敦論』(みすず書房、2005年)
  • 武田泰淳竹内好』(みすず書房、2010年)
  • 福永武彦とその時代』(みすず書房、2014年9月)、解説宇野邦一

主な翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995年 

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』1995年、『人事興信録』2005年、渡邊一民の項