宮本陽吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 陽吉(みやもと ようきち、1927年4月4日 - 1996年12月18日)は、アメリカ文学者翻訳家。20世紀アメリカ小説を専攻、ヘミングウェイフィッツジェラルドのほか、フィリップ・ロスジョン・アップダイクなど戦後作家の翻訳で知られる。

東京生まれ。旧姓・山内。妻は画家・宮本三郎の娘・美音子。1951年東京大学文学部英文科卒。53年同大学院修士課程修了。茨城大学講師、58年中央大学講師、61年助教授、68年教授、70年東京工業大学教授、83年学習院大学教授。子も英文学者・筑波大学教授の宮本陽一郎[1]

著書[編集]

  • 『アメリカ小説を読む』集英社 1977
  • 『アメリカ最終出口』冬樹社 1980

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮本陽一郎「画家と諜報」宮本・鷲津浩子共編『知の版図』