高松雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高松 雄一(たかまつ ゆういち、1929年7月25日 - 2017年8月19日)は、日本の英文学者東京大学名誉教授

略歴[編集]

北海道室蘭市生まれ。東京大学文学部卒業、東京大学大学院博士課程中退、國學院大學助教授、1963年北海道大学助教授、1969年東京大学文学部英文科助教授、1977年教授、1990年定年退官、名誉教授、駒澤大学教授を務めた。1985年-1988年日本英文学会会長を務める。

ロレンス・ダレルの4部作「アレクサンドリア四重奏」の他に、ジョイスダブリンの市民』や、友人丸谷才一らとの共訳による『ユリシーズ』の翻訳が著名。

初めての単著『イギリス近代詩法』(研究社、2001年)で第54回読売文学賞研究・翻訳賞。また編著は『シェイクスピア『恋人の嘆き』とその周辺』(英宝社、1995年)他多数がある。

2017年8月19日、間質性肺炎のため死去[1]。88歳没。

主な翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高松雄一氏死去 英文学者 訳書に「アレクサンドリア四重奏」など 産経ニュース 2017年8月31日