関鑑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

関 鑑子(せき あきこ、1899年(明治32年)9月8日 - 1973年(昭和48年)5月2日)は昭和期の声楽家。本名小野鑑子。

経歴[編集]

東京出身。東京音楽学校声楽家卒業。立花ふさハンカ・ペツォールドに師事し、ソプラノ歌手になったが、大正末期からプロレタリア芸術運動に参加。

1926年(大正15年)、新劇俳優の小野宮吉と結婚。1929年(昭和4年)、プロレタリア音楽家同盟に参画し、初代委員長になる。しかし、この運動は昭和初期に入って弾圧を受け一時消滅。

1948年(昭和23年)、中央合唱団を創立。

1951年(昭和26年)、音楽センター主宰者になって「うたごえ運動」を展開する[1]。この運動は、コーラスによる平和運動として全国に広がり、1954年(昭和29年)には3万人の大集会に発展した。この運動の余波として、東京の新宿を中心に「うたごえ喫茶」、「うたごえ酒場」が隆盛した。

1956年(昭和31年)、国際レーニン平和賞受賞。

1973年(昭和48年)5月1日メーデー集会の壇上で倒れ、翌2日にくも膜下出血のため死去。享年73。

カチューシャ」「モスクワ郊外の夕べ」「全世界民主青年歌」「ウラルのぐみの木」など、ロシア語歌曲の訳詞を多く手がけている。

著作[編集]

  • 関鑑子編『メーデー歌と働く者の歌曲集』日本民主主義文化連盟, 1948.
  • 關鑑子編著『カチユーシヤの唄』日本青年共産同盟出版部, 1948.12.
  • 関鑑子, 井上頼豊共編『青年歌集ピアノ伴奏曲集』第1集 . 音楽センター, 1956.
  • 関鑑子編『青年歌集』第5篇 . 音楽運動社, 1956.
  • 関鑑子著『歌ごえに魅せられて』音楽センター, 1971. [2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]