龍田丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍田丸
Tatsuta Maru postcard.jpg
基本情報
建造所 三菱造船長崎造船所
姉妹船 浅間丸秩父丸(鎌倉丸)
経歴
起工 1927年(昭和2年)12月3日
進水 1929年(昭和4年)4月12日
竣工 1930年(昭和5年)3月15日
就航 1930年(昭和5年)4月25日
最後 1943年(昭和18年)2月8日[1][2]
要目
総トン数 16,955 トン[2]
載貨重量 8,170 トン
全長 178.0 m
垂線間長 170.68 m
型幅 21.98 m
型深さ 12.98 m
喫水 8.71 m
主機関 2サイクル単動空気噴射式ディーゼル機関 三菱スルザー8ST68/100 4基4軸[3][4]
最大出力 20,663馬力
定格出力 4,000馬力×4
最大速力 21.232ノット
航海速力 19.0ノット
旅客定員

計 839名

  • 一等 239名
  • 二等 96名
  • 三等 504名
乗組員 330名
テンプレートを表示
日英交換後、横浜に向け航海中の龍田丸。米潜水艦キングフィッシュが撮影。1942年10月14日

龍田丸(たつたまる)は、日本郵船が保有していた貨客船[2]。本船は浅間丸秩父丸と姉妹船で、いずれの船も神社名にちなんだ命名であった。

概要[編集]

貨客船龍田丸(たつたまる)は、浅間丸型客船の1隻として三菱重工業長崎造船所で建造され[5]1930年(昭和5年)に就役[6]。姉妹船(浅間丸、秩父丸、龍田丸)は揃って北米航路に就航し、「太平洋の女王」と称された[6]。龍田丸は隔週で運行されていた北米航路用の船であった。主な寄港地は香港上海神戸横浜ホノルルロサンゼルスおよびサンフランシスコなど。 なお、日本海軍は浅間丸型3隻(浅間丸、秩父丸、龍田丸)を有事において航空母艦に改造することを想定していた[7][8]

太平洋戦争における龍田丸は、1942年(昭和17年)1月に徴傭され、兵員輸送船や交換船として活動する。1943年(昭和18年)2月8日夜、駆逐艦山雲に護衛され横須賀からトラック泊地へ進出中[9]、米潜水艦の雷撃により御蔵島伊豆諸島)東方海域で撃沈された[2][10]

船歴[編集]

就役まで[編集]

第一次世界大戦後経営危機に陥っていた東洋汽船から、1926年(大正15年)サンフランシスコ航路を継承した日本郵船は同航路の旧型就航船刷新のため、浅間丸級大型定期客船3隻を建造した。龍田丸はその第3船である。第1船の浅間丸と第3船の龍田丸は三菱造船長崎造船所で、第2船の秩父丸横浜船渠で建造された。造船所建造番号は浅間丸がS.450、龍田丸がS.451であった。

龍田丸の総トン数16,955トン、全長178mで最大幅は22mで、航海速力は19ノットであった。当時三菱長崎造船所はスイススルザー社と技術提携しており、スルザー型ディーゼル機関搭載、総出力16,000馬力の条件で、8ST90型エンジン2基2軸と、それより小型の8ST68/100型エンジン4基4軸とが比較検討されたが、主機室天井高さが最大2層分低くできる後者が採用された[11]。なお浅間丸ではスルザー社製エンジンを輸入搭載したが、龍田丸では三菱長崎造船所製エンジンが搭載された[3][12]

前述のように、日本海軍は有事において浅間丸級3隻を空母特設航空母艦)に改造することを想定していた[7][8]。その場合、浅間丸級3隻(秩父丸、浅間丸、龍田丸)と峯風型駆逐艦2隻(秋風羽風)で第五航空戦隊を編成予定だった(昭和10年11月12日案)[13]。 海軍は逓信省を通じて浅間丸型の設計に関与し、特に前後部の船倉口は航空機用エレベーターを兼ねている[7][14]。また航空機や兵器の進化にあわせ、空母改造時の設計図は毎年更新されていたという[7]。だが新田丸級貨客船(改造後は大鷹型航空母艦)や橿原丸級貨客船(改造後は隼鷹型航空母艦)とは異なり、浅間丸級は空母改造の「検討対象」であって空母改造を「前提とした」構造(設計)ではなかった[15]。最終的に、本級3隻が空母に改造されることはなかった[16]。本級用に開発されていた艤装は、新田丸級貨客船/大鷹型航空母艦3隻(新田丸《冲鷹》八幡丸《雲鷹》春日丸《大鷹》)の空母改装時に流用された[14]

龍田丸は1929年(昭和4年)4月12日に進水し[17]1930年(昭和5年)3月15日(3月4日とも)に竣工[18]。同年4月25日に横浜からサンフランシスコに向けて処女航海をおこなった[6]

日米関係悪化[編集]

1941年(昭和16年)7月23日サンフランシスコ沖に到着したが、同日アメリカ政府に伝達された日本軍南部仏印進駐と、それに対する7月26日のアメリカ政府による在米日本資産の凍結通告に関連して、両国政府間交渉による船体、積荷の没収回避の保証取り付けまで入港を遅らさざるを得ず、7月30日ようやく入港となった[19]。船客下船と揚げ荷を済ませ、日本人引揚客を乗せ8月4日出港し、8月18日に横浜へ帰着した[19]。龍田丸より1便後の7月18日横浜出港の浅間丸はサンフランシスコへは到達できずに横浜へ戻っている。

8月4日、日本政府は北米線の全船に帰港命令を出した[19]。この関係で本船は十分な準備をおこなわずに出港したため、アメリカから横浜に向かう船内で食中毒が起き、125人が発症し9人が死亡する惨事となった[19]。同船の乗客だった二階堂進(戦後、自民党副総裁)が中毒者の看護に奔走した。当時、作家の宮本百合子がこのニュースについて「龍田丸の中毒事件」というエッセイを「家庭新聞」(8月21日号)に発表している[20]

10月15日、608名の主としてアメリカ人引揚客を乗せ横浜を出港[21]。10月23日、ホノルル入港[22]。翌24日出港し、10月30日にサンフランシスコ入港[22]。860名の日本人引揚客を乗せ直ちに出港し、11月14日に横浜帰着[21]。この航海では海軍将校3名を船員と偽って乗せ、真珠湾の地形偵察が行われた[22]

12月2日、南米の観光団、英米の外交官、在日商館員、日系人の母国観光団などほぼ満席の船客を乗せ、横浜からロサンゼルスを経由してパナマのバルボアへ向けて出港したが、大圏コースの北太平洋上で日付変更線を越えた2度目の12月7日、日米開戦の報を受けて引き返し、12月15日に横浜に帰港した[23][24]。この航海は南雲機動部隊による12月8日の真珠湾攻撃をカムフラージュするための航海であった[23]

太平洋戦争[編集]

1942年(昭和17年)1月14日附で海軍に徴用され[25]横須賀鎮守府籍となる。1月27日より行動を開始[26]メレヨン島南洋諸島ボルネオフィリピン方面の兵員輸送に従事した[24]1942年(昭和17年)6月上旬のミッドウェー海戦で日本海軍は主力空母4隻(赤城、加賀、蒼龍、飛龍)を喪失。6月30日附海軍大臣決裁の空母増産計画(航空母艦増勢実行に関する件仰裁)で再び浅間丸級の空母改造案が浮上する[27]。この場合は浅間丸級固有のディーゼル機関を、駆逐艦用のタービン機関に換装する予定だった[27][28]。だが、いつしか立ち消えになってしまった[28]

同時期の龍田丸は、日英外交官交換船運航に投入されることになった。同年7月30日、454名の船客を乗せ横浜を出港[29]。途中寄港の上海で324名、サイゴンで146名、シンガポールで4名を乗せ、計928名で当時中立国であったポルトガル領東アフリカの交換地ロレンソ・マルケスに8月27日到着した[29][30]。ここで日本人外交官、民間人877名、タイ人42名の計919名を乗せ9月2日出港、途中シンガポールで日本人571名とタイ人42名下船し、外務省関係者6名が乗船[29]。9月27日、龍田丸は横浜に帰着した[30]

同年10月24日より、船舶運営会仕様船となったが、11月7日に再度徴傭[31]。12月よりフィリピンやシンガポールなど、東南アジア方面への輸送任務に従事した[32]

1943年(昭和18年)2月8日午後4時、龍田丸(船長木村庄平)は兵員・物資輸送任務のため、護衛の駆逐艦山雲(駆逐艦長小野四郎中佐、横須賀鎮守府警備駆逐艦)と共に横須賀を出発[9]トラック島に向かった(山雲の護衛は途中までを予定)[33][34]。悪天候(夜間、風速20m)で航海中の同日22時15分[32][35]御蔵島東方約70km(北緯34度00分 東経140度00分 / 北緯34.000度 東経140.000度 / 34.000; 140.000)の地点でアメリカの潜水艦ターポンの魚雷攻撃を受ける[36]。 夜間に加え現場の海域は強風下であったが[9]、ターポンはレーダーで龍田丸を探知して魚雷を発射した[37]。爆発音2回を確認した駆逐艦山雲は龍田丸に接近[38]、「イカガセシヤ」と発光信号をおくったが、龍田丸からの応答はなかった[32][34]。龍田丸は10時37分に沈没し[9][38]、乗組員198名・乗船員1283名全員が死亡した[30][34]

山雲は爆雷投射を行いつつ[39]2月9日天明を待って捜索活動を開始[38]。また横須賀鎮守府所属艦艇も沈没海域に急行して捜索を実施するが[40]、海面に重油が広がるのみで、龍田丸の手掛かりを得ることはできなかったという[34][41]。 龍田丸沈没の報告を受けた高松宮宣仁親王(海軍中佐、昭和天皇弟宮)は以下の所見を述べている[42]

○横鎮(八―二三五二)作131号
一、本日二二二〇「山雲」護衛中ノ龍田丸、三宅島ノ112°45′ニテ雷撃ヲ受ケ沈没。
二、三、〔余白書込〕補充交代ノ練習生卒業生等一三〇〇名乗ツテヰタ。惜ミテモ余リアリ(当時荒天ナリシ由、風速20m)。  — 高松宮宣仁親王 昭和十八年二月九日(火)晴/高松宮日記第五巻 593ページ

2月20日、龍田丸乗船中の軍属1名の遺体が収容された[32]

脚注[編集]

  1. ^ #日本郵船徴傭(2)p.39『徴傭船舶ノ事故ノ件通知』
  2. ^ a b c d 喪失船舶一覧表(2)p.7『昭和18年2月(1943年) |8|b|龍田丸|16,975|日本郵船|雷撃|伊豆猿島東方|』
  3. ^ a b 創業百年の長崎造船所p676 三菱造船株式会社1957
  4. ^ 藤田秀雄他 日本の艦艇・商船の内燃機関技術史(第2次世界大戦まで)-商船用内燃機関編(その5)-日本舶用機関学会誌31巻4号p223 1996
  5. ^ #日本郵船徴傭(3)p.4『建造場所 三菱重工業株式會社長崎造船所』
  6. ^ a b c 氷川丸とその時代88-89頁『太平洋の女王・浅間丸(姉妹船・秩父丸、龍田丸)』
  7. ^ a b c d #日本空母物語100-102頁『連合艦隊の戦力倍増策』
  8. ^ a b #S11御説明参考資料(2)pp.16-17『(附)基地航空隊平時所要兵力六十五隊ヲ必要トスル理由 平時ノ基地航空兵力ヨリ戰時特設航空母艦以下ノ特設艦船ニ搭載ヲ要スベキ兵力ハ 一.大鯨級三隻 浅間丸級三隻 ニ對シ 計 艦上機 一三隊半/二.特設水上機母艦十七隻及特設巡洋艦四隻其他特務艦ニ對シ 水上機 計十九隊半 小計 三三隊(内大鯨級二隻ノ外 昭和十一年度戰時編制ニ依ル)/三.内戰部隊及外戰部隊中ノ局地作戰ニ充當セラルベキ艦上機及水上偵察機所要兵力 小計 三三隊(昭和十一年度戰時編制ニ依ル) 以下略』
  9. ^ a b c d #S18.02.01-02.17経過概要p.13〔1943年2月8日〕『龍田丸ハ横須賀ヨリ「トラツク」ニ向ケ航行中二二一五御藏島ノE40′ニテ突如雷撃ヲ受ケ二二三七急激ニ沈没(龍田丸横鎮)|内地|山雲護衛中ナリシモ雨風二〇米海上波高ク小雨アリ救助作業意ノ如クナラズ、生存者殆ドナキ模様(人員約一,五〇〇名 糧食物糧三,五〇〇立方搭載)』
  10. ^ 氷川丸とその時代281頁〔龍田丸遭難地点(×)〕
  11. ^ 稲垣長止郎他 浅間丸龍田丸機関部計画及び成績に就て 造船協会会報46号p56-80 1930
  12. ^ 藤田秀雄他 日本の艦艇・商船の内燃機関技術史(第2次世界大戦まで)-商船用内燃機関編(その5)-日本舶用機関学会誌31巻4号p222、223 1996
  13. ^ #S16年度海軍戦時編制案(昭和10年2月)p.2『外戰部隊|GF|1F|5Sf|特空母|秩父丸、浅間丸、龍田丸、秋風、羽風』
  14. ^ a b #日本空母物語295頁『特設航空母艦の計画』
  15. ^ 幻の航空母艦97-99頁『特設航空母艦「浅間丸」級』
  16. ^ 幻の航空母艦99頁『第10表 特設航空母艦に改造が予定された日本の客船(貨客船)16隻一覧』
  17. ^ #日本郵船徴傭(3)p.4『進水年月日 昭和四年四月拾弐日』
  18. ^ #日本郵船徴傭(3)p.4『竣工年月日 昭和五年参月四日』
  19. ^ a b c d 氷川丸とその時代189-190頁『龍田丸サンフランシスコ定期航路最後の航海』
  20. ^ 龍田丸の中毒事件 青空文庫所収
  21. ^ a b 氷川丸とその時代191-193頁『在外邦人引き揚げ船』
  22. ^ a b c 氷川丸とその時代193-195頁『引き揚げ船・龍田丸のスパイ航海』
  23. ^ a b 氷川丸とその時代195-197頁『龍田丸の囮航海』
  24. ^ a b 氷川丸とその時代266-267頁
  25. ^ #S17.01横鎮日誌(3)p.24『(ロ)徴傭船舶ノ徴傭解傭 |發令日時:一月十四|船舶名:龍田丸|總噸數:一六,九七五|船主:日本郵船株式會社|徴(解):〃|授受地:横須賀|授受地到着(豫定)日時:一月十七日|』
  26. ^ #S17竜田丸行動p.2『一七.一.二七|横須賀| |横須賀鎮守府|軍需品四二五〇屯 人員三九一六名 輸送』
  27. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦629-630頁『五(略)(ロ)航空機運搬艦的ノ簡易ナル航空母艦ノ建造(商船改造)及淺間丸級三隻ノ改装問題(駆逐艦用機関使用)ニ関シテハ別途研究スルコトトス』
  28. ^ a b 幻の航空母艦108頁
  29. ^ a b c 氷川丸とその時代268-269頁『龍田丸とシティ・オブ・パリ号&エル・ニール号』
  30. ^ a b c 氷川丸とその時代269-270頁『出会いと別れ』
  31. ^ #S17竜田丸行動p.6『昭和一七|一一.七|徴傭』
  32. ^ a b c d 氷川丸とその時代281-283頁『1 龍田丸の遭難』
  33. ^ #S17.12横須賀防備戦隊日誌(7)p.15『(七日)一六四〇|海防指揮官|山雲艦長|信電令作第一二八号 一.龍田丸 明八日一五〇〇横須賀發南方ニ向フ/二.山雲ハ之ヲ北緯二十六度線迄直接護衛シタル後帰投スベシ』
  34. ^ a b c d 護衛艦艇物語159-161頁『「龍田丸」被雷、全員海没』
  35. ^ S18.02経過概要(護衛対潜)p.3〔2月8日〕
  36. ^ 『日本郵船戦時船史 上』230ページ
  37. ^ NHK取材班『ドキュメント太平洋戦争1 大日本帝国のアキレス腱』角川書店、1993年
  38. ^ a b c #S17.12横須賀防備戦隊日誌(7)p.19『(八日)二三三一|山雲艦長|横鎮長官 海防指揮官|状況第一 一.二二一五頃三藏島ノ九二度四〇浬ニ於テ龍田丸左後方ヨリ(魚雷)二本ヲ受ケタルモノヽ如シ我敵影ヲ見ズ龍田丸ハ急ニ面舵ニ変針セルヲ以テ我近接状況聴取中應答ナク約十分ニシテ艦首ヲ立テ二三三七急激ニ沈没ス/二.我沈没地点周圍ヲ威嚇投射ヲ行ヒツツ掃蕩攻撃中生存者極メテ少キ見込ミ/三.西ノ風二十米乃至三十米波高ク小雨アリ視界不良夜間救助困難ニ付附近ヲ警戒掃蕩シツツ天明ヲ待ツテ救助セントス』
  39. ^ #S17.12横須賀防備戦隊日誌(7)p.20『(九日)〇一〇八|山雲艦長|海防指揮官|状況第二 沈没地点ヲ中心トスル五浬乃至一〇浬県内ヲ高速ニテ捜索掃蕩セルモ手掛リナシ投射爆雷十八個我掃蕩ヲ續行セントス』
  40. ^ #S17.12横須賀防備戦隊日誌(7)pp.19-20(海防指揮官電令参照)
  41. ^ #S17.12横須賀防備戦隊日誌(7)p.21『(九日)〇七〇二|山雲艦長|海防指揮官|状況第三 (一)〇六三〇龍田丸沈没位置着直径約五浬ノ範囲ニ亘リ夥シキ重油浮流レアルモ其ノ他ノ浮流物ヲ認メズ昨夜遭難当時短艇ニテ非難セル模様ナシ/(二)未ダ敵潜ニ関シ手懸ナシ』
  42. ^ #高松宮日記5巻593頁

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和16年度(1941) 帝国海軍戦時編制(案)昭和10年2月12日』。Ref.C14121165400。
    • 『帝国国防方針 帝国軍の用兵綱領関係綴 昭和11.2~11.6/御説明参考資料(2)』。Ref.C14121170600。
    • 『日本郵船(株)所有船 大東亜戦争時 海軍徴傭関係記録(2)』。Ref.C08050010700。
    • 『日本郵船(株)所有船 大東亜戦争時 海軍徴傭関係記録(3)』。Ref.C08050010800。
    • 『昭和16年~17年 大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第1回(19)』。Ref.C08050021000。
    • 『昭和16年~20年 喪失船舶一覧表(2)』。Ref.C08050010000。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年1月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(3)』。Ref.C08030314500。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備戦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030363000。
    • 『昭和16.12~18.12 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の1/昭和18年2月』。Ref.C16120657800。
    • 『昭和18.2.1~昭和18.8.14 太平洋戦争経過概要 その5/18年2月1日~18年2月17日』。Ref.C16120635100。
  • 雨倉孝之 『海軍護衛艦コンボイ物語』 光人社、2009年2月。ISBN 978-4-7698-1417-7
  • 大内建二 『護衛空母入門 その誕生と運用メカニズム』 光人社〈光人社NF文庫〉、2005年4月。ISBN 4-7698-2451-3
  • 大内健二 「第3章 計画で終わった航空母艦」『幻の航空母艦 主力母艦の陰に隠れた異色の艦艇』 光人社〈光人社NF文庫〉、2006年12月ISBN 4-7698-2514-5
  • 船舶技術協会『船の科学』1981年2月号 第34巻第2号
  • 海人社『世界の艦船』2002年1月号 No.591
  • 海人社『世界の艦船 別冊 日本の客船[1] 1868-1945』1991年 ISBN 4-905551-38-2
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第五巻 昭和十七年十月一日~昭和十八年二月十一日』 中央公論社、1996年11月。ISBN 4-12-403395-8
  • 日本郵船株式会社『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』1985年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 ミッドウェー海戦』戦史叢書第43巻、朝雲新聞社、1971年3月。
  • 郵船OB氷川丸研究会 『氷川丸とその時代』 海文堂出版株式会社、2008年2月。ISBN 978-4-303-63445-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]