有泉龍之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有泉 龍之助
Ariizumi Tatsunosuke.jpg
有泉 龍之助(海軍中佐時代)
生誕 1904年4月16日
日本の旗 日本 茨城県
死没 (1945-08-31) 1945年8月31日(41歳没)
西太平洋伊号第四百一潜水艦」内
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1924 - 1945
最終階級 OF-5 - Kaigun Taisa (Collar).gif 海軍大佐
テンプレートを表示

有泉 龍之助[* 1](ありいずみ たつのすけ、1904年明治37年)4月16日 - 1945年昭和20年)8月31日[* 2])は、日本海軍軍人海兵51期卒)。最終階級海軍大佐

経歴[編集]

茨城県出身。旧幕臣日本海海戦に参戦[1]した海軍主計中佐[2]・有泉庚午の長男として生れる。静岡中学校を経て、1923年大正12年)7月、海軍兵学校51期)を卒業。1924年(大正13年)12月、海軍少尉任官海軍水雷学校高等科、海軍潜水学校(乙種学生)で学ぶ。

1931年昭和6年)4月、「呂号第六十四潜水艦」乗組となり、装甲巡洋艦浅間分隊長、「伊号第五十一潜水艦」「伊号第百五十六潜水艦」「伊号第七十潜水艦」の各水雷長を経て、1937年(昭和12年)7月、海軍大学校甲種35期)を卒業。

1937年(昭和12年)8月、佐世保警備戦隊参謀に就任し、第3潜水戦隊参謀、「呂号第三十三潜水艦」長を歴任し、軍令部第1部第2課部員となり潜水艦の主務者であった。1940年(昭和15年)11月、海軍中佐に進級し、太平洋戦争を迎えた。有泉は真珠湾攻撃特殊潜航艇甲標的」を使用することを主張し実現させた。

1942年(昭和17年)3月、第8潜水戦隊参謀に発令され、第11潜水戦隊参謀、「伊号第八潜水艦」長を歴任。1944年(昭和19年)10月、海軍大佐に進級。同年12月15日、第六三一海軍航空隊司令兼副長に就任[3]1945年(昭和20年)1月1日、第1潜水隊司令兼務[4]7月23日ウルシー環礁に在泊する連合軍艦船攻撃の命を受け「伊号第四百一潜水艦」に座乗し大湊を出撃。攻撃開始の直前に終戦となり、降伏の命令を現地で受ける。艦内では自沈か攻撃かで激論となったが、結局は艦長の判断で帰還と決し、帰還途上の8月29日米海軍により海上で接収され、有泉は司令室で自決した。机には真珠湾攻撃で戦死した九軍神の写真があったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 昭和13年6月20日付 海軍辞令公報 (部内限)号外 第198号、昭和19年12月18日付 秘海軍辞令公報 甲 第1672号ほか、海軍辞令公報による。龍之介ではない。
  2. ^ 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』では8月29日となっているが著者の外山操が後年著した『艦長たちの軍艦史』では31日半藤一利の『戦死の遺書』その他の文献も31日である。
出典
  1. ^ 有終会『懐旧録』
  2. ^ 佐藤次男『幻の潜水空母』光人社NF文庫、2001年。ISBN 4-7698-2313-4104頁
  3. ^ 昭和19年12月18日付 秘海軍辞令公報 甲 第1672号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102300 
  4. ^ 昭和20年1月7日付 秘海軍辞令公報 甲 第1686号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102800 

参考文献[編集]