松尾敬宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松尾 敬宇
Keiu Matsuo.jpg
松尾 敬宇(1941年頃)
生誕 1917年7月21日
日本の旗 日本 熊本県鹿本郡三玉村久原
死没 (1942-05-31) 1942年5月31日(24歳没)
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー湾
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1939 - 1942
最終階級 OF-4 - Kaigun Chusa.gif 海軍中佐
テンプレートを表示

松尾 敬宇(まつお けいう / よしたか、1917年大正6年)7月21日 - 1942年昭和17年)5月31日)は、日本海軍軍人海兵66期太平洋戦争におけるシドニー湾攻撃特殊潜航艇甲標的」艇長として戦死二階級特進により最終階級は海軍中佐

経歴[編集]

前列右3人目が松尾、その後ろに都竹正雄
松尾らを海軍葬で丁重に埋葬したミュアヘッド=グールド少将

熊本県山鹿市久原出身。松尾鶴彦、まつ枝の次男として生まれる。父は八幡小学校校長、母も元小学校教師であり、厳格な家風で育った。

鹿本中学を経て、1938年(昭和13年)9月、海軍兵学校を卒業(66期)。特殊潜航艇(以下「特潜」 )艇長として訓練を受け、日米開戦前に真珠湾を視察している。真珠湾攻撃においては予備指揮官として現地まで赴いた。

1942年(昭和17年)5月、シドニー湾攻撃に第二次特別攻撃部隊の「特潜」艇長として選ばれた。出撃に当たりの旅館で家族とともに最後のひと時を過ごし、父から短刀「菊池千本槍を短刀に直したもの」を託された。

シドニー湾攻撃[編集]

1942年(昭和17年)5月31日、まず第一番に中馬兼四大尉と大森猛一曹の「特潜」が発進、続いて伴勝久中尉と芦辺守一曹の「特潜」が発進した。松尾大尉の「特潜」は三番目であった。中馬艇は途中で防潜網に引っかかって身動きができず、そのまま自爆を遂げた。伴艇は輸送船クッタブルHMAS Kuttabul)を撃沈し、蘭潜K IXK IX)を撃破するも、対空砲の砲撃の損傷で未帰還となった。

そして、松尾艇は艇前方を岸壁にぶつけたことで魚雷発射管が故障したため攻撃出来ず、艇を重巡シカゴへ体当たりさせることで魚雷を爆発させようと図ったが、小接触におわり叶わなかった[1]。その後、松尾は部下の都竹正雄二等兵曹(戦死後海軍兵曹長)とともに拳銃自決した。

戦死後[編集]

その後、オーストラリア海軍により中馬艇と松尾艇は引き上げられ、1942年(昭和17年)6月9日シドニー近郊のロックウッド・クリマトリア斎場にて遺体は海軍葬をもって葬られた。シドニー市内では彼ら敵国の軍人を丁重に弔うことに反対の声も大きかったが、オーストラリア海軍司令官・ジェラード・ミュアヘッド=グールド英語版少将は部下に対し、以下の様に演説した。

「私は敵国軍人を、海軍葬の礼をもって弔うことに反対する諸君に聞きたい。 勇敢な軍人に対して名誉ある儀礼をつくすことが、なぜいけないのか。 勇気は一民族の私有物でもなければ伝統でもない。 これら日本の海軍軍人によって示された勇気は、誰も認めるべきであり、一様に讃えるべきものである。 このような鉄の棺桶に乗って死地に赴くのには、相当の勇気が要る。 これら勇士の犠牲的精神の千分の一でも持って祖国に捧げるオーストラリア人が、果たして何人いるであろうか」[2]

遺骨は駐オーストラリア公使河相達夫に託され、戦時交換船の「鎌倉丸」により日本へ帰国した。

戦後の1965年(昭和40年)7月、80歳となった母・まつ枝のもとをオーストラリア連邦戦争記念館館長のマッグレース夫妻が訪ね、豪州訪問を持ちかけた。1968年(昭和43年)4月、まつ枝はオーストラリアを訪れた。シドニーでは海軍が出迎え、市内では大歓迎を受けた。19代オーストラリア首相ジョン・ゴートン英語版バート・ケリー英語版海相と会談。また、引き揚げられた「特潜」が展示されている戦争記念館に到着すると、マッグレース館長より松尾が所持していた千人針が返還された。まつ枝は1980年(昭和55年)に95歳で死去した。

2002年平成14年)11月、23代オーストラリア首相・ロバート・ホークが墓に献花した。唯一、行方不明となっていた伴艇は2006年(平成18年)12月、シドニー湾沖5.6km、水深70の海底にて発見された。

その他[編集]

年譜[編集]

松尾らの遺骨を乗せて横浜港へ入港した戦時交換船鎌倉丸」と、お辞儀をして迎える人々。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典
  1. ^ 『本当の特殊潜航艇の戦い』144頁
  2. ^ 『決戦 特殊潜航艇』「第四章 オーストラリア海軍の善意」[要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 佐々木半九今和泉喜次郎『決戦 特殊潜航艇』朝日ソノラマ、1984年。ISBN 4-257-17047-6
  • 中村秀樹『本当の特殊潜航艇の戦い』光人社NF文庫、2007年。ISBN 978-4-7698-2533-3

関連書籍[編集]