浅間丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淺間丸
Asama-maru 1931.jpg
淺間丸(1931年撮影)
基本情報
船籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
所有者 日本郵船
建造所 三菱造船長崎造船所
経歴
起工 1927年9月10日
進水 1928年10月30日
竣工 1929年9月15日
就航 1929年10月11日
引退 1944年11月1日
最後 撃沈
要目
総トン数 16,947 トン
載貨重量 8,218 トン
長さ 170.68 m
全長 178.0 m
21.95 m
深さ 12.95 m
喫水 8.689 m
機関方式 スルザーディーゼル機関4基4軸
出力 19,108馬力(最大)
16,000馬力(計画)
速力 18.0ノット(最高:20.713ノット)
旅客定員 計 839名(一等 239名、二等 96名、三等 504名)
乗組員 329名
その他 姉妹船:龍田丸秩父丸(鎌倉丸)
テンプレートを表示

浅間丸淺間丸、あさままる)は、日本郵船が所有していた貨客船である。その豪華さから「太平洋の女王」と呼ばれることもあった。

船歴[編集]

建造の経緯[編集]

太平洋で展開されたアメリカ合衆国カナダとの貨客船による競争の一環として、浅間丸は三菱造船長崎造船所(現:三菱重工業長崎造船所)で建造された3隻の浅間丸級貨客船のうちの1隻である。

当時の欧米の主力船に比べその規模こそ小さかったものの、食堂の内装にはふんだんにイタリア大理石が使われ、客室内には当時欧米製の最新鋭の艤装品が使われるなど、まさに当時の日本の「フラッグシップ」と呼ぶにふさわしいものであった。そのねらいは主な顧客層を欧米人に絞込み、従来のオリエンタリズムの設備やサービス行うのではなく、欧米の客船と同質がそれ以上の水準で、ライバル会社に打ち勝とうとする戦略であった。[要出典]

しかし主要な艤装品は欧米製であったため、一部には「日本の造船所で建造した外国船」という評価を付けられてしまった。[要出典]

ちなみに日本郵船内の船種分類は「客船」であり、クリスタルハーモニー就航まで浅間丸型が唯一の分類であった。

就航後[編集]

1929年11月に日本郵船によって就航した後、横浜-ホノルル-サンフランシスコ航路に就航し太平洋横断の速度記録を作った。その後は、1932年に開催されたロサンゼルスオリンピックに出場する西竹一をアメリカに運んだほか、西の親友であるハリウッドスターダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォード夫妻が来日の際に乗船。また、ヘレン・ケラーが来日の際にも乗船した。

1937年9月に香港沖で、台風の中でイタリア王国の客船であるコンテ・ヴェルデと接触後座礁するというアクシデントに見舞われた。救助作業は日本サルヴェージが請け無事救助に成功(この顛末については内藤初穂著「太平洋の女王 浅間丸」に詳述されている)し、翌年の9月15日には定期航路に復帰した。なお、コンテ・ヴェルデとは第二次世界大戦中にコンビを組んで長距離航海をすることになる。

「浅間丸事件」[編集]

1939年9月にヨーロッパ第二次世界大戦が勃発し、9月3日に英仏がドイツに宣戦を布告した。同年9月4日にはイギリス客船がドイツ潜水艦に無警告で撃沈され多くの一般乗客が犠牲になるなど開戦当初より大西洋では熾烈な戦闘が繰り広げられ、イギリス沿岸では11月に照国丸も撃沈された。しかし、日本とアメリカは1941年12月まで第二次大戦には参加せず、また太平洋でドイツ海軍や蒋介石の中国軍による戦闘は発生しなかったことから、太平洋を挟んだ日米間では商船会社による定期運航が戦争当事国に関係する物資や人員の輸送は制約をもうけながらも、比較的平穏に行われていた。

だが1939年末にサンフランシスコを出帆しホノルル経由で横浜に向けて航行中、イギリス海軍省と日本郵船が結んでいた紳士協定を日本大使館の強い要請により船長が守らずに乗船させた、ドイツ客船コロンブスの乗員を主としたドイツ人乗客51名を加えたため、1940年1月21日千葉県房総半島沖の公海上でイギリス海軍軽巡洋艦リヴァプール」により臨検され、当時日本と日独防共協定による同盟関係を結んでいたドイツ人乗客のうち、兵役につく事ができる年齢の21名が戦時捕虜の名目で連れ去られるという事件[1]がおき、当時関係が懸念されていた日本とイギリスの間において国際問題に発展した。日本の英国に対する交渉の結果、同様にドイツ人船客をのせて出帆した日本郵船にたいして同様の臨検を行わないことと、9名のドイツ人の返還により一応の決着をみた。

海軍徴用船[編集]

日本の仏印進駐などを巡り日本とアメリカの関係は悪化し、その中で1941年7月に横浜からホノルルに向けて出航するものの、航海中に日本の南部仏印進駐を受けたアメリカ政府が、アメリカ国内の日本資産凍結石油等の対日禁輸といった制裁措置を取ることを発表したために、日本資産凍結の一環として接収されることを防ぐために急遽反転し横浜港へ戻った。

1941年11月30日には、日本郵船から離れて連合国との開戦に備えていた海軍に運送船として徴用された。12月8日、日本とアメリカをはじめとする連合国との間で太平洋戦争が始まったため、その後は日本の占領下にあった東南アジアを中心に輸送船として活躍する。

交換船[編集]

占領地の拡大に伴い、1942年5月、開戦により交戦国や断交国に残された外交官や民間人(企業の駐在員や留学生、研究者、それらに帯同した家族など)を帰国させるための交換船に関する協定が結ばれ、日本とその同盟国、およびアメリカとその同盟国の間で1942年6月と1943年9月の2回、日本とイギリスおよびイギリス連邦諸国との間では1942年8月の1回、交換地となる中立国へ向けた交換船が運航されることになり、第一次日米交換船として浅間丸が使用されることになった。なおこの際に、軍役に就いている船舶による中立国への入港は国際法上禁止されていたため、一時的に軍役を外れて日本郵船へと戻ることになった。

1942年6月17日に、同じく交換船として運航されたコンテ・ヴェルデとともに横浜を出航し、上海や香港、サイゴンで、同地を含む日本の勢力圏内に住み抑留されたイギリス人やアメリカ人などを乗せて、交換地のポルトガル領東アフリカ(現:モザンビーク)のロウレンソ・マルケスへ向かい、7月22日にロウレンソ・マルケスに入港した。7月26日に、アメリカ側から来たグリップスホルムスウェーデン船籍)によって運ばれて来た、アメリカやブラジルメキシコパナマなどの中南米の連合国(その多くは開戦後日本との国交を断絶した)に住み拘留された日本人と、日本の同盟国のタイ人を乗せてシンガポール(昭南)に向け出航し、8月20日に横浜に帰港した。

撃沈[編集]

その後浅間丸は再び海軍に徴用され輸送船として活躍した。1944年2月24日ヒ40船団の1隻として台湾近海を北上中、アメリカの潜水艦グレイバック魚雷で損傷したが、沈没は免れた。

浅間丸は修理を受けて任務に復帰し、1944年10月にはレイテ島の戦い用の増援部隊である第1師団マニラまで送り届ける重要任務に成功した。ところがその帰路の11月1日、マニラから高雄へ向けて護衛艦とともにバシー海峡を北上中にアメリカの潜水艦アトゥルの発射した魚雷が命中して沈没した。1000人以上が救出されたものの、500人以上が死亡した。

歴代船長[編集]

Asama Maru 1936.jpg

初代:四宮徹

2代:荒木勤(臨時)

3代:金子文左衛門

4代:村上密蔵

5代:金子文左衛門(再)

6代:小川清 (別人?)

7代:渡部喜貞浅間丸事件

8代:藤田徹

9代:阿川亮三郎

脚注[編集]

  1. ^ 北岡伸一『官僚制としての日本陸軍』2012年、筑摩書房、p328

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1979年12月号 第32巻第12号
  • 海人社『世界の艦船』1992年10月号 No.456
  • 日本郵船株式会社『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』1985年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]