松平忠久 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠久(まつだいら ただひさ、1904年明治37年)2月11日 - 1991年平成3年)10月27日[1])は、日本の外交官政治家実業家衆議院議員

経歴[編集]

長野県小県郡(現・上田市)出身[1]1925年東京外国語学校中国語科を卒業し、1930年、広東嶺南大学を卒業[1]。さらに、北京大学ミシガン大学で学んだ[1]1930年外務省に入省し広東書記生に任官[2]1934年10月、高等試験外交科試験に合格[2]。以後、上海大使館報道部長、広東領事、南京領事などを歴任[1]

1951年長野県副知事に就任[1][3]1953年4月の第26回衆議院議員総選挙長野県第2区に日本社会党(社会党右派)から出馬し当選。その後、第27回から第30回までと第32回総選挙で当選し、衆議院議員を通算六期務めた[3]。この間、衆議院物価問題に関する特別委員長、日本社会党国際団体部長、同中小企業部長、同日中国交回復特別委員長、同中央執行委員、同長野県本部委員長などを歴任[3]

その他、信濃園芸種苗社長、長野県種苗生産販売協同組合理事長、県農業生産改良協会副会長、日中友好協会理事、日中文教協会理事長などを歴任した[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1991~1993』555頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』169頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』600頁。

参考文献[編集]