みどりの会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本政党
みどりの会議
成立年月日 2002年1月16日
前身政党 新党さきがけ
解散年月日 2004年10月31日
解散理由 中村敦夫落選
後継政党 みどりのテーブル
政治的思想・立場 環境主義
テンプレートを表示

みどりの会議(―かいぎ)は、参議院議員中村敦夫が代表を務めた日本環境政党略称みどり

開発・経済成長一辺倒ではなく「持続可能な社会」を目指し、「足るを知れ」と訴えた。エコロジー運動や平和運動出身者を多く抱えていたことから左翼革新)系と見る者もいるが、「経済発展を目指す点では共産社民なども自民党と同根」としており、従来の左右対立軸ではないことを主張していた。ただし、さきがけ時代に比べ保守政党色は大きく薄れており、前述のように組織的つながりもほとんど無いことから、さきがけ時代の支持者の多くは離れていたと見られる(そもそも、一般的には1998年第18回参院選敗北か、あるいは2001年武村正義らが民主党に入党した時点をもって、さきがけは解散したと見られていた。みどりの会議がさきがけの後継であることは、あまり知られていなかったのである)。

選挙区では主に民主党を支援し、候補者によっては社民党などを支援することもあった。

党史[編集]

2002年1月16日さきがけより改称する形で発足したが、さきがけ党員の大半は民主党へ移籍したため、両者の組織的つながりはほとんどない。

2003年第15回統一地方選挙では、推薦候補のうち62名が当選した。

2004年参議院議員選挙比例区に候補者10人を擁立して約90万3775票を獲得するも、同参院選における比例区の最低議席獲得票は約107万7658票に約17万3883票足らずに当選者0となる。現職参議院議員だった代表委員の中村敦夫はみどりの会議比例名簿1位になるも落選し、みどりの会議に所属する国会議員は皆無となった。

2004年7月22日の党大会で政治団体としては解散することを決め、新たな出発について話し合う、みどりのテーブルを設け、コーディネイトを環境・サイエンスライターの小林一朗に委任した。同年10月31日付けで総務相に正式に解散を届け出て、2005年2月13日にみどりのテーブルの設立総会が開かれた。

その後2008年には、同じく環境保護政策を掲げみどりの会議とも協力していた地方議員ネットワークの「虹と緑」(「グローカル」との関連が深い組織)とみどりのテーブルとの統合が決まり、同年11月22日に両組織の解散と新団体であるみどりの未来の設立が行われた。みどりの未来はエコロジーの理念を掲げ、かつてのみどりの会議の流れを引き継いでいるが、参院選落選後に政界引退を表明した中村を含めてみどりの会議の運営委員はみどりの未来の役員にはなっていない。

役職[編集]

党勢の推移[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 備考
(改称時) 0/- 480 公認候補擁立が無いまま解党

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 備考
(改称時) 1/- - 247 (第20回通常選挙前は無所属1と統一会派)
第20回通常選挙 0/10 0 242

(参考文献:石川真澄(一部山口二郎による加筆)『戦後政治史』2004年8月、岩波書店岩波新書ISBN 4-00-430904-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]