花岡鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

花岡鉱山(はなおかこうざん)は、かつて秋田県大館市に存在した鉱山

概要[編集]

1885年に秋田県北秋田郡花岡村[1]で発見された。主要な鉱石は、黒鉱と呼ばれる閃亜鉛鉱方鉛鉱であり、良質な鉱石からは亜鉛などのほかなどの貴金属も採取していた。日本の金属鉱山としては珍しく、大規模な露天掘りが行なわれていた。

1916年、鉱石輸送専用の鉄道が藤田組によって大館駅 - 松峯駅 - 花岡駅をむすぶ普通鉄道として開業した。( 1985年廃止)

1945年6月30日中国人労務者が蜂起し、日本人4人を殺害した花岡事件が発生[2]

戦後[編集]

戦後は松峰鉱山、深沢鉱山(1969年鉱床発見)、餌釣鉱山(1975年鉱床発見)など支山の開発に注力し、人工天盤下向充填採掘法、トラックレス鉱石運搬方式など、さまざまな面で新技術を導入するなど積極的な事業を展開した。

国内屈指の鉱山として操業を続けてきたが、1994年(平成6年)に採算性の問題から採掘を終了した。

閉山した跡地[編集]

閉山後は、DOWAホールディングスDOWAエコシステムの研究所やリサイクル工場・廃棄物処理工場が数社稼働している状態である。

福島第一原発事故に関連するトラブル[編集]

鉱山跡地の活用方法の一環として、首都圏のゴミ焼却灰の埋め立てをエコシステム秋田など関連会社が連携して行っていたが、2011年(平成23年)の福島第一原子力発電所事故により飛散した放射性セシウムを含む焼却灰が関東地方など6県から持ち込まれていたことが判明した[3][4][5][6]

焼却灰は、JR貨物により秋田貨物駅を経由し大館駅に搬入され、すでに流山市からエコシステム秋田に搬入された溶融飛灰207トンおよび松戸市の約40トンは、薬剤処理のあと2011年(平成23年)7月までにエコシステム花岡と鹿角郡小坂町グリーンフィル小坂によりそれぞれ花岡鉱山跡地と小坂鉱山跡地に埋め立て処分されてしまっていた。[3][6]

その後、県は定期的に、埋め立て処分施設や中間処理施設の空間放射線量・放流水の放射性物質濃度・排水汚泥の放射性物質濃度・地下水の放射性物質濃度を計測しており、とくに松戸市からの焼却灰約40トンが埋め立てられているグリーンフィル小坂の施設[7] では、事故から3年経った2014年(平成26年)5月16日の検査結果でも未だに放流水と排水汚泥から放射性セシウムが検出されているが、花岡鉱山跡については敷地境界の空間放射線量以外は検出されていない。[8]

大館駅で長期間保管され返却された焼却灰[編集]

JR大館駅に搬入された焼却灰は、関東地方の広範囲および静岡県から持ち込まれ、コンテナのまま処理されずに長期間保管され、それぞれの環境センターなどへそのまま送り返している。[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯40度19分17秒 東経140度32分50秒