照井誉之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
照井 誉之介
てるい よのすけ
生年月日 (1984-08-04) 1984年8月4日(37歳)
出生地 日本の旗 東京都目黒区
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 北海道新聞社記者
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2014年8月8日 - 現職
テンプレートを表示

照井 誉之介(てるい よのすけ、1984年8月4日 - )は、日本政治家新聞記者北海道檜山郡江差町長(2期)。

概要[編集]

東京都目黒区出身。横浜市で育つ[1]2003年3月、明治学院高等学校卒業[2]2008年3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同年4月、北海道新聞社に就職。2009年から2012年までの3年間、江差支局に勤務し、2010年の江差町長選挙の取材にも従事した。2012年7月、帯広支社に転勤し、2014年4月に北海道新聞社を退社。4月11日江差町長選挙への出馬を表明。同年7月の江差町長選挙に無所属で出馬し、4期目の当選を目指していた現職の浜谷一治町長を447票差で破り、初当選[3]。同年8月8日、江差町役場に初登庁し、正式に江差町長に就任した[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
浜谷一治
Flag of Esashi, Hiyama, Hokkaido.svg北海道江差町長
2014年 -
次代:
現職