池田達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 達雄
いけだ たつお
生年月日 (1960-01-12) 1960年1月12日(61歳)
出生地 北海道上磯町(現・北斗市
出身校 北海道大野農業高等学校食品加工科
所属政党 無所属
公式サイト 北海道北斗市議会議員 池田達雄のホームページへようこそ

当選回数 1回
在任期間 2018年1月29日[1] - 現職

Flag of Hokuto, Hokkaido.svg 北斗市市議会議員
当選回数 4回(議員在任特例を含む)
在任期間 2006年2月1日 -

Flag of Kamiiso, Hokkaido.svg 上磯町議会議員
当選回数 2回
在任期間 1998年 - 2006年1月31日
テンプレートを表示

池田 達雄(いけだ たつお、1960年1月12日 - )は、日本政治家北海道北斗市長(1期)。

来歴[編集]

北海道上磯町出身。上磯町立沖川小学校、上磯町立上磯中学校卒業。1978年(昭和53年)3月、北海道大野農業高等学校食品加工科卒業。同年4月、有限会社高藤金物店(現・株式会社タカフジ)に就職。1989年(平成元年)ジョイライフイケダ(現・株式会社イケダ)を創業[2]

1998年(平成10年)、上磯町議会議員に初当選。2002年(平成14年)、再選。

2006年(平成18年)2月1日、上磯町と大野町が新設合併して北斗市が誕生。議員在任特例により北斗市議会議員に就任。

2017年(平成29年)12月16日、肺炎で入院中だった北斗市長の高谷寿峰が死去[3]。高谷の死去に伴う市長選挙に立候補し、前市議の新関一夫との一騎打ちを制し初当選を果たした[4]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:38,826人 最終投票率:49.86%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
池田達雄58無所属10,411票54.60%
新関一夫62無所属8,658票45.40%

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)7月21日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身と副市長、教育長の12月期末手当を20%減額する条例案を市議会臨時会に提出した。同日、同条例案は可決された[5][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 池田市長が初登庁(31日)”. 函館新聞. 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ プロフィール 公式サイト
  3. ^ 高谷北斗市長が死去 65歳 新幹線観光に尽力”. 北海道新聞 (2017年12月16日). 2017年12月16日閲覧。
  4. ^ “北斗市長に池田氏 新人対決制す 合併後初の民間出身”. 北海道新聞. (2018年1月29日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/159852 2018年1月29日閲覧。 
  5. ^ 写真で見る市長の動き 令和2年7月分”. 北斗市役所. 2020年11月22日閲覧。
  6. ^ 令和2年第3回北斗市議会臨時会議決結果表 (PDF)”. 北斗市議会. 2020年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]

}