水谷洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水谷 洋一
みずたに よういち
生年月日 (1963-04-08) 1963年4月8日(58歳)
出生地 北海道網走市
出身校 早稲田大学卒業
北海道大学大学院修了
前職 網走市議会議員
現職 網走市長
所属政党 無所属

Flag of Abashiri, Hokkaido.svg 7代網走市長
当選回数 3回
在任期間 2010年12月1日 - 現職

Flag of Abashiri, Hokkaido.svg 網走市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1999年5月1日 - 2010年9月2日
テンプレートを表示

水谷 洋一(みずたに よういち、1963年4月8日 - )は、日本政治家北海道網走市長(3期)。元網走市議会議員(3期)。北大公共政策研究センター研究員。

経歴[編集]

北海道網走市出身。早稲田大学卒業。北海道大学大学院を修了後、1987年からJA北海道中央会で勤務する。在職中、農協監査士として、JAの監査経営指導にあたった[1]

1995年に退職後、武部勤衆議院議員公設第2秘書を務めた。

1999年には網走市議選に立候補。1,474票を獲得し、29人中2位で初当選した。以降3回連続当選。

2010年9月2日、市議を辞職。同年11月7日に実施された網走市長選挙に無所属で出馬。民主党新党大地の推薦を受けた前市議会議長の宮川隆昌を破り、初当選を果たした[2]12月1日、市長就任。

※当日有権者数:32,116人 最終投票率:65.32%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
水谷洋一47無所属12,909票62.39%
宮川隆昌63無所属7,783票37.61%(推薦)民主党新党大地

2014年、無投票により再選。2018年、無投票により3選[3]

市政[編集]

  • 2020年5月1日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の5月の月額給与を40%、6月から2021年3月までの月額給与10%減額する条例案を市議会臨時会に提出した。副市長と教育長については、5月から2021年3月までの月額給与を5%減額する。給料の月額が変わるため、2020年度の期末手当(2回支給)も減額される。同日、同条例案は可決された[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
大場脩
Flag of Abashiri, Hokkaido.svg 北海道網走市長
2010年 -
次代:
現職