畠山渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
畠山渉
はたけやま わたる
生年月日 (1968-03-30) 1968年3月30日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道赤平市
出身校 旧北海道赤平西高等学校卒業
前職 赤平市企画課長
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2019年5月1日 - 現職
テンプレートを表示

畠山 渉(はたけやま わたる、1968年3月30日 - )は日本政治家赤平市長(1期目)を務める。

経歴[編集]

1968年3月30日、赤平市に生まれる[1][2][3]旧北海道赤平西高等学校卒業[2][3]1986年、赤平市職員となる[2]。市役所では、商工労政係長や、市職員労働組合委員長を経て、2017年4月に企画課長に就任した[2][3]

2019年赤平市長選挙[編集]

市職員労働組合の要請を受けて、立候補の意向を固めた[2]。そして、2019年1月31日付で赤平市職員を退職し、同年2月10日に正式に赤平市長選への立候補の意向を表明した[2][3]。選挙戦では政策決定の透明化を訴えた[4]。同年4月21日、現職の菊島好孝を破って当選した[5][6][7]


※当日有権者数:9,042人 最終投票率:73.56%(前回比:-pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
畠山渉51無所属4,183票63.4%-
菊島好孝69無所属2,414票36.6%自由民主党推薦

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『【赤平生活】2019赤平市長選挙のパンフを辛口で見てみる』” (日本語). ordina M3 2013年式RM348 を買ってみたブログ. 2021年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “「対話型の市政つくる」*赤平市長選*畠山氏が正式出馬表明”. 北海道新聞 (空知): p. 15. (2019年2月11日) 
  3. ^ a b c d “<統一地方選2019>赤平市長選候補に聞く”. 北海道新聞 (空知): p. 19. (2019年4月19日) 
  4. ^ “赤平*現職の批判で浸透”. 北海道新聞: p. 2. (2019年4月22日) 
  5. ^ “全国の市長選開票結果(選管最終)”. 河北新報: p. 24. (2019年4月23日) 
  6. ^ 日外アソシエーツ「WhoPlus」
  7. ^ 赤平市長選挙 - 2019年04月21日投票 | 北海道赤平市” (日本語). 選挙ドットコム. 2021年7月9日閲覧。