宮川良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮川 良一(みやかわ よしかず、1954年5月16日 - )は、日本の政治家実業家北海道紋別市長(3期)。

略歴[編集]

北海道紋別市に生まれる。北海道紋別北高等学校北星学園大学経済学部卒業。

大学卒業後は地元の食品会社(株式会社丸キ宮川商店)の社長を務め、紋別吹奏楽団を立ち上げて初代団長になるなどした。1990年に紋別市議会議員に初当選。

2005年に紋別市市長選に出馬。民主党北海道推薦で同党の松木謙公衆議院議員の支援を受け、「希望と感動の街づくり」を打ち出し、自民党推薦の赤井邦男前市長を抑えて9226票で初当選した。

紋別ニューシティ開発公社社長、オホーツク紋別空港ビル株式会社社長、紋別市文化連盟会長、紋別青年会議所理事長などを務める。

2008年12月2009年の改選に再選を目指して出馬することを表明。2009年6月7日に民主の他自民も「事実上の支援」を表明し、無投票で再選した。

2013年6月16日の紋別市長選挙に出馬し3選。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
赤井邦男
Flag of Monbetsu, Hokkaido.svg 北海道紋別市
2005年 -
次代:
(現職)