高橋昌幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 昌幸
たかはし まさゆき
生年月日 (1950-04-03) 1950年4月3日(71歳)[1]
出生地 日本の旗 日本北海道古宇郡神恵内村[1][2]
出身校 北海道岩内高等学校[1]
前職 神恵内村職員(地方公務員[2]
所属政党 無所属

Flag of Kamoenai, Hokkaido.svg 神恵内村長
当選回数 5回
在任期間 2002年3月17日[1] - 現職
テンプレートを表示

高橋 昌幸(たかはし まさゆき、1950年昭和25年〉4月3日[1] - )は、日本政治家神恵内村(5期)。

来歴[編集]

1950年(昭和25年)4月3日、神恵内村で生まれる[1][2]

北海道岩内高等学校を卒業したのち、1970年、神恵内村役場へ奉職[1][2]。神恵内村職員として産業課長、住民課長などを歴任する[2]

2001年平成13年)12月21日、神恵内村役場に辞表を提出し、神恵内村長選挙に出馬する意向を示す[3]。2002年2月、無投票で初当選を果たす[3]

2015年(平成27年)5月1日、北海道漁港漁場協会会長に就任[4]。その他、全国漁港漁場協会副会長、全国漁港海岸防災協会副会長、全国市町村水産業振興対策協議会常任理事などを務める[2]

核のごみ最終処分場選定への文献調査をめぐる問題[編集]

2020年令和2年)9月7日、神恵内村商工会が開いた臨時総会で原子力発電所から発生する高レベル放射性廃棄物(通称・核のごみ)の最終処分場の選定へ向けた文献調査に応募するよう神恵内村に求めることを決め、翌8日に神恵内村議会に請願を提出した[5][6]。これを受けて神恵内村議会は9月の定例会で審議することとした[5]

この一件に関するインタビューで高橋は「村議会の審議に影響を及ぼし兼ねないため発言を控えたい。議会での議論を見守り、結論が出たうえで村として判断したい」と述べた[5][6][7]

定例会での審議の結果、請願の採決を見送り、継続審議とすることを決め、国と原子力発電環境整備機構に対して説明を要請した[8]

定例会閉会後に開いた会見で高橋は「村民にしっかりと説明することが必要。基本的に議会での決定を尊重する」と述べた[8]

同月23日、経済産業省と原子力発電環境整備機構は神恵内村の要請に応じ、同月26日から30日にかけて住民説明会を開催することを発表した[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “行政 選挙情報 No-391”. 自治タイムス. (2006年2月20日). http://www.jiti.co.jp/gyousen/389-/No-391-1.htm 2020年9月26日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f B-5 loTで価値創造 スマート漁業が変革をもたらす”. 東京サステナブル・シーフード・シンポジウム. 2020年9月26日閲覧。
  3. ^ a b “行政 選挙情報 No-300”. 自治タイムス. http://www.jiti.co.jp/gyousen/298-/No-300.htm 2020年9月26日閲覧。 
  4. ^ “【人事】北海道漁港漁場協会 会長に高橋昌幸氏(15年5月1日)”. みなと新聞. (2015年4月14日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/minato/e-minato/articles/43982 2020年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b c “神恵内も応募の動き 核のごみ調査 商工会が議会に請願”. 北海道新聞. (2020年9月11日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/459160/ 2020年9月26日閲覧。 
  6. ^ a b “核のごみ調査、神恵内村でも浮上 寿都町に続き2例目ー北海道”. 時事ドットコム. (2020年9月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091100440&g=eco 2020年9月26日閲覧。 
  7. ^ “神恵内村商工会 “核のごみ最終処分場“ 調査の応募検討を請願”. NHK. (2020年9月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200911/k10012612561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 2020年9月26日閲覧。 
  8. ^ a b “神恵内村文献調査、請願は議会で継続審議/国とNUMOに説明求める”. 電氣新聞. (2020年9月18日). https://www.denkishimbun.com/archives/78758 2020年9月26日閲覧。 
  9. ^ “「核のごみ」処分場選定 北海道神恵内村で住民説明会開催へ”. NHK. (2020年9月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012631121000.html 2020年9月26日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
高山庸一
Flag of Kamoenai, Hokkaido.svg 北海道神恵内村長
2002年 -
次代:
現職