青山剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青山 剛
あおやま たけし
生年月日 (1977-12-10) 1977年12月10日(41歳)
出生地 北海道札幌市手稲区
出身校 室蘭工業大学大学院工学研究科修士課程
所属政党 無所属
称号 博士(工学)
公式サイト 室蘭市長 青山 剛

Flag of Muroran, Hokkaido.svg 北海道室蘭市長
当選回数 2回
在任期間 2011年5月1日 - 現職

Flag of Muroran, Hokkaido.svg 北海道室蘭市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2003年5月 - 2011年3月
テンプレートを表示

青山 剛(あおやま たけし、1977年昭和52年)12月10日 - )は、日本政治家工学者室蘭市長(2期)。元室蘭市議会議員(2期)。

経歴[編集]

北海道札幌市手稲区出身。北海道札幌光星高等学校室蘭工業大学工学部卒業。室蘭工業大学大学院工学研究科修士課程修了。2002年(平成14年)、室蘭工業大学工学部助手日本工学院北海道専門学校非常勤講師都市計画を担当)。

2003年(平成15年)、室蘭工業大学を退職。同年4月27日執行の室蘭市議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選(4,262票でトップ当選)。2007年(平成19年)、室蘭市議会議員当選2期目(3,609票でトップ当選)。2010年(平成22年)3月、室蘭工業大学にて博士(工学)取得。

2011年(平成23年)3月、市議を辞職。同年4月24日執行の室蘭市長選挙に無所属で出馬。前室蘭市経済部長の佐藤博を429票差で破り初当選(青山:24,800票、佐藤:24,371票)[1]。同年5月1日、市長に就任[2]2015年4月、同市長に再選。

任期満了に伴う市長選(2019年4月21日実施)へ3選出馬を表明している。市職員労働組合執行部が青山を推薦しない方針を決めたことから、北海道議会議員選挙に出馬表明していた元道議の川畑悟が批判票を取り込めるとみて、2019年(平成31年)3月13日に市長選への立候補の意向を固めた[3]

主要論文[編集]

  • 大坂谷吉行、櫨山知花と共同執筆『室蘭市における産業観光の可能性』(日本建築学会技術報告集 15号, 2002年)
  • 『室蘭市における水素エネルギー社会への実践 (特集 水素エネルギー社会実現への各地域の挑戦)』(水素エネルギ-システム 34巻3号, 2009年)

などがある。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『北海道人物・人材情報リスト 2009』日外アソシエーツ編集・発行、2009年。

外部リンク[編集]