蝦名大也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蝦名 大也
えびな ひろや
Ebina Hiroya 02.jpg
生年月日 (1959-01-04) 1959年1月4日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道釧路市
出身校 北海道釧路湖陵高等学校
所属政党 (無所属→)
自由民主党→)
無所属

当選回数 4回
在任期間 2008年11月2日 - 現職

選挙区 釧路市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2008年

当選回数 2回
テンプレートを表示

蝦名 大也(えびな ひろや、1959年1月4日 - )は、日本政治家北海道釧路市長(4期)。

概要[編集]

北海道釧路市出身。北海道釧路湖陵高等学校卒業、青山学院大学退学後に中川一郎衆議院議員の秘書となる。その後中川の筆頭秘書であった鈴木宗男釧路事務所長となる。自民党所属の釧路市議会議員を2期務めた。

1999年、北海道議会議員選挙に無所属・自民党推薦で立候補し初当選。道議を3期務める。

2008年10月2日、伊東良孝釧路市長が第45回衆議院議員総選挙への出馬を表明し市長を辞職。これに伴い11月2日に行われた釧路市長選挙に、自民党出身ながら民主党新党大地の支援も受けて「市民党」を標榜して立候補し初当選(自民党釧路市支部は、上田徳郎市議と共に市長選では異例の二名同時推薦という機関決定で支持表明をした)。

2012年10月21日の市長選で、中家治子(市民団体役員・元横浜市議、日本共産党推薦)8,408票、八村弘昭(浄土真宗本願寺派弘宣寺副住職、無所属)1,393票に対し、40,977票を得るという圧倒的大差で再選された(投票率34.45%)。

2016年10月23日の市長選で元市議の石川明美を破り3選。

2020年10月18日の市長選(25,000票)でいずれも元市議の鶴間秀典(23,658票)、松永俊雄(7,000票)の2候補を破り4選[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
伊東良孝
Flag of Kushiro, Hokkaido.svg北海道釧路市長
2008年 -
次代:
現職