第195回国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第195回国会(だい195かいこっかい)とは、2017年(平成29年)11月1日に召集された特別国会。会期は与野党の合意によって、12月9日までの39日間となった[1]

概要[編集]

2017年(平成29年)10月22日に執行された第48回衆議院議員総選挙の結果、与党である自由民主党公明党が過半数を大きく超える313議席を獲得した(追加公認を含む)[2]が、定数削減分を上回って減らした。一方で野党は選挙直前に分裂再編が行われた結果、議席の大幅増とはならなかった。これにより本国会で自由民主党総裁である安倍晋三が4度目の首相指名を受け、第4次安倍内閣が発足した。

本国会では衆議院の正副議長選挙・常任委員会委員長の選出・内閣総理大臣指名選挙と組閣などを行って与党側は1週間前後で閉会とする予定だったが、野党側が反発したことから、その後に約1か月日程を追加することで選挙前から問題となっていた諸般の政治懸案に関する質疑を行うことになった。なお年明けには通常会第196通常国会が召集されることになっている。

各党・会派の議席数[編集]

今国会の動き[編集]

召集前[編集]

会期中[編集]

11月[編集]

12月[編集]

委員会・審査会・調査会[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 民進党籍を有する衆議院議員で構成。第48回衆議院議員総選挙に公認候補者を擁立しなかった民進党だが、党籍を有する衆議院議員によって当該会派が結成されたため、「無所属の会」と称してはいるものの、衆議院における(実質的な)「民進党会派」となっている。
  2. ^ みんなの党解党に伴い同党に所属した議員によって結成された院内会派[5]
  3. ^ 民進党から離党した無所属議員による院内会派
  4. ^ 国会からは、衆参両院の各正副議長が出席した。議長は内閣総理大臣が務めるため、結果的に議員の半数は国会議員である。なお議員である秋篠宮文仁親王はこの件に関して「皇嗣殿下」として当事者になったため参加できず、代わりに今上天皇の弟である常陸宮正仁親王が予備議員として、正議員である華子妃とともに出席。

出典[編集]

  1. ^ “第4次安倍内閣、今夜発足=改憲が焦点、補正編成指示へ-衆院議長に大島氏”. jiji.com. 時事通信社. (2017年11月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110100132&g=pol 2017年11月2日閲覧。 
  2. ^ “第48回衆院選、自民大勝=立憲躍進、希望「完敗」”. jiji.com. 時事通信社. (2017年10月23日). https://www.jiji.com/jc/movie?p=mov940-movie03 2017年11月2日閲覧。 
  3. ^ 会派名及び会派別所属議員数 衆議院
  4. ^ 会派別所属議員数一覧 参議院
  5. ^ “みんなの党:参院会派が分裂”. 毎日新聞. (2014年12月18日). http://mainichi.jp/shimen/news/20141219ddm005010066000c.html 2014年12月25日閲覧。 
  6. ^ 岡田克也元副総理ら13人が新会派 民進系無所属、野田佳彦前首相も”. 産経新聞 (2017年11月14日). 2017年10月26日閲覧。
  7. ^ 2017年(平成29年)10月28日付官報特別号外第25号
  8. ^ “前原氏が希望会派入り=衆参の勢力確定”. 時事通信. (2017年10月30日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017103001069 2017年11月8日閲覧。 
  9. ^ “参院 「希望の党」「国民の声」2会派結成”. 毎日新聞. (2017年10月30日). https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00m/010/078000c 2017年11月8日閲覧。 
  10. ^ 2017年(平成29年)11月1日付官報平成29年特別号外第27号
  11. ^ “民進・小川勝也参院幹事長が離党届提出 長男の逮捕受け”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020023-n1.html 2017年11月2日閲覧。 
  12. ^ 第195回国会開会式”. 衆議院. 2017年11月18日閲覧。
  13. ^ 第195回国会開会式”. 参議院. 2017年11月18日閲覧。
  14. ^ a b “天皇陛下がお言葉=臨時国会”. 時事ドットコム. (2017年11月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017110800664&g=pol 2017年11月18日閲覧。 
  15. ^ 主な式典におけるおことば(平成29年):天皇陛下のおことば”. 宮内庁. 2017年11月18日閲覧。
  16. ^ “加計認可後初の論戦 文科相「首相指示ない」 野党「官邸が肩入れ」”. 東京新聞. (2017年11月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017111502000240.html 2017年11月28日閲覧。 
  17. ^ 第百九十五回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説”. 首相官邸. 2017年11月18日閲覧。
  18. ^ “安倍晋三首相所信表明演説 力点は北朝鮮対応と国会論戦”. 産経新聞. (2017年11月17日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/171117/plt1711170023-s1.html 2017年11月18日閲覧。 
  19. ^ “立衆院本会議 代表質問始まる”. NHK. (2017年11月20日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171120/k10011229801000.html 2017年11月21日閲覧。 
  20. ^ “立憲対決姿勢、希望は「議論を」 安保や改憲 代表質問”. 朝日新聞. (2017年11月21日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCN5KL2KCNUTFK016.html 2017年11月21日閲覧。 
  21. ^ a b “衆参代表質問要旨”. 時事通信. (2017-11-21 url=https://www.jiji.com/sp/article?k=2017112101074&g=pol) 
  22. ^ “民進党の大塚耕平代表がアベノミクスなどめぐり初論戦 参院代表質問”. 産経新聞. (2017年11月21日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/171121/plt1711210032-s1.html 2017年11月21日閲覧。 
  23. ^ “質問時間配分見直し、首相「与野党の提案取り入れる」衆院代表質問”. 日本経済新聞. (2017年11月21日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO23745170R21C17A1000000 2017年11月21日閲覧。 
  24. ^ “参院代表質問要旨”. 時事通信. (2017年11月22日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017112201039&g=pol 2017年11月22日閲覧。 
  25. ^ “森友・加計「重大な疑惑」 参院代表質問 共産・山下氏が追及”. 東京新聞. (2017年11月22日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017112202000242.html 2017年11月22日閲覧。 
  26. ^ “新天皇、19年5月1日即位=平成は31年で幕-政府、儀式検討に着手”. jiji.com. 時事通信社. (2017年12月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120101201&g=ryl 2017年12月2日閲覧。 
  27. ^ 北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議”. 参議院. 2017年12月4日閲覧。
  28. ^ “北朝鮮ICBM 参院が抗議決議、全会一致で採択”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20171204/k00/00e/010/199000c 2017年12月4日閲覧。 
  29. ^ 北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議案”. 衆議院. 2017年12月5日閲覧。
  30. ^ “衆院 北朝鮮ミサイルで抗議決議「断じて容認できない」”. https://mainichi.jp/articles/20171206/k00/00m/010/077000c 2017年12月5日閲覧。 
  31. ^ “「改正薬害肝炎救済特別措置法」が成立”. NHK. (2017年12月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011251151000.html 2017年12月8日閲覧。 
  32. ^ “改正給与法が成立=国家公務員、増額へ”. 時事通信. (2017年12月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017120800193&g=pol 2017年12月8日閲覧。 
  33. ^ a b 特別国会、会期末前に事実上閉幕 政府提出の新規法案8本が成立”. 中日新聞 (2017年12月8日). 2017年12月9日閲覧。
  34. ^ 原子力委員長再任を承認=国会”. 時事通信 (2017年12月8日). 2017年12月9日閲覧。
  35. ^ 特別国会閉会 「丁寧」はどこに消えた”. 北海道新聞 (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  36. ^ 衆議院の役員等一覧 衆議院
  37. ^ 参議院役員等一覧 参議院

関連項目[編集]

外部リンク[編集]