第172回国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第172回国会(だい172かいこっかい)は、2009年9月16日に召集された特別国会である。会期は9月19日までの4日間であった。

概要[編集]

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙の結果、民主党が単独で絶対安定多数を確保、自由民主党1955年の結党以来54年間君臨した衆議院第1党の座から転落した。

新たな与党となった民主党は、内閣総理大臣指名選挙を経て社会民主党国民新党との連立内閣を発足させた。この国会は、召集前に麻生太郎内閣総理大臣職ともども辞職したことによる自由民主党総裁選挙(18日告示、28日投開票)と、この国会で選ばれる新しい内閣総理大臣の外遊(国際連合総会への出席など)の日程が控えているため、会期は短期間となり、所信表明演説代表質問は次回の国会で行われた[1][2]

各党・会派の議席数[編集]

今国会の動き[編集]

全て2009年(平成21年)である。

召集前[編集]

会期中[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]