ニュースLIVE! ゆう5時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニュースLIVE! ゆう5時
ジャンル 報道番組情報番組
司会者 高瀬耕造片山千恵子
ナレーター 目黒泉
オープニング 蓮沼執太『ニュースLIVE! ゆう5時 テーマ』[1]
エンディング 同上
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネルNHK総合テレビ
映像形式リアルタイム字幕放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年4月4日 -
放送時間 - 木曜日 17:00 - 17:57
放送分57分
ニュースLIVE! ゆう5時
番組年表
前作ニュース シブ5時
関連番組ニュース きん5時
テンプレートを表示

ニュースLIVE! ゆう5時』(ニュースライブ! ゆうごじ)は、NHK総合テレビ2022年4月4日から放送されている報道番組である。通称は『ゆう5時』(新聞番組表では『[N]ゆう5時』とクレジットされている)。

概要[編集]

2015年度から2021年度まで放送してきた『ニュース シブ5時』を「日本列島の今をライブで伝えるニュース」をコンセプトに改題リニューアルした番組で、その日の出来事を短くまとめたニュースと日本各地の生中継を取り入れて、その日の空気を感じられるような番組を目指す[2][3]。出演者は『シブ5時』の最末期から大幅に入れ替えられた一方で、前述の中継コーナーが新設された以外の番組内容のほとんどは『シブ5時』から引き継がれたため、実質的には形式的なリニューアルに留まった。例えば、『シブ5時』で大相撲中継に伴う休止期間前最後の放送と休止期間明け最初の放送で放送されていた「シブ5時相撲部」は、「ゆう5時相撲部」とタイトルを変えた以外はそのまま引き継いでいる。また、番組公式ツイッターアカウントも『シブ5時』から引き継いだほか、2021年4月から金曜17時台に開始された『ニュース きん5時』(大阪放送局制作)との姉妹番組関係も継続されている[4]

連続テレビ小説』アンコール枠からステブレレスで接続しているため、冒頭で朝ドラ再放送を観たキャスター陣が「朝ドラ受け」を行うことがある[5][6]

放送時間[編集]

  • 毎週月曜日 - 木曜日 17:00 - 18:00[7]
    • 『ニュース シブ5時』時代と同様、祝日や大相撲本場所期間中は休止となる。また、国会中継のある日は中継終了後から時間繰り下げ・短縮して放送される[8][9]
    • 『ニュース シブ5時』時代は16:50 - 18:10の放送だったが『ゆう5時』は17:00 - 18:00に短縮された。17:00までは『連続テレビ小説・アンコール』が従来より10分繰り下げ(16:30 - 17:00)となった。その一方、18:00以降関東地方では『首都圏ネットワーク』を、近畿地方では『ほっと関西』をそれぞれ放送し、その他の地域は東京・放送センターからの裏送りで『NHKニュース』を放送している。
    • 18:00から総理記者会見が行われる場合、一部地域では18時台のローカルニュースワイド番組を繰り上げ放送する関係上、17:30頃の最新ニュースコーナーが終わった後の部分をネット返上とする場合がある[10]

上述の事象以外での休止・時間変更の事例[編集]

  • 2022年4月27日:北海道・知床半島沖での観光船沈没事故に関する観光船運営会社社長の記者会見が夕方に行われ、16:48頃から当時放送中だった『夜ドラ・卒業タイムリミットダイジェスト』を打ち切って[11]17:34まで特番扱いの『NHKニュース』として会見の模様を生中継したため、当番組は17:34開始の短縮放送となった。また、この影響で内容が大幅に変更され、知床の事故の続報やその他の当日の主なニュースを伝えただけでこの日は番組終了となった。
  • 2022年4月28日:16:30 - 18:00に『第98回競泳日本選手権「第1日」』中継を放送のため、休止。

現在の出演者[編集]

キャスター

気象情報

中継リポーター、コーナープレゼンター[13]

ニュースリーダー

コーナーナレーター

コーナーMC

  • 能町みね子(エッセイスト、「ゆう5時相撲部」)※『ニュース シブ5時』から続投。
  • 赤井麻衣子(フリーアナウンサー、「ゆう5時相撲部」、「相撲部だより」)※『ニュース シブ5時』から続投。
  • さかなクン(タレント、「お魚ニュース」)

歴代の出演者[編集]

気象キャスター以外はNHK放送センター所属アナウンサー[15]

期間 キャスター ニュースリーダー 中継リポーター・コーナープレゼンター 気象キャスター
男性 女性 男性 女性
2022.4.4 現在 高瀬耕造 片山千恵子 糸井羊司 宮﨑慶太 佐藤あゆみ
森田茉里恵
田中美都
どーもくん

気象キャスターの田中は『ニュース きん5時』終了後の関東・甲信越の気象情報も担当。

【単発出演】※『The Crossroad~人生の分岐点~』[16]や特集コーナーのプレゼンターとして出演

コーナー[編集]

生放送のため、コーナーの開始時間が前後する場合もある。

  • オープニング(17:00)
  • ニュース(17:01頃)
  • おじゃまします5時の商店街(月、17:20頃)
  • ゆう5時中継(火 - 金、17:20頃)
  • お天気(17:25頃)
  • 1730ニュース(17:30頃)
  • きょうのチューモク!(17:40頃)
  • 特集(不定期、17:45頃)
  • The crossroad〜人生の分岐点〜(不定期、17:45頃)
  • お財布ニュース(不定期、17:45頃)
  • インタビュー(不定期、17:45頃)
  • 相撲部便り(不定期、17:45頃)
  • ゆう5時相撲部(不定期、17:51頃)
  • ちょい知り!ゆう5飯(はん)(不定期、17:51頃)
  • 知って得する!防災知恵袋(不定期、17:51頃)
  • ゆう5時話題ザクザク発掘隊(不定期、17:51頃)
  • 今夜の夕食に役立つレシピ(不定期、17:51頃)
  • お魚ニュース(不定期、17:51頃)
  • 今夜の推しバン!(17:55頃)
  • エンディング(17:57頃)
  • 番組終了(17:57)

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 蓮沼執太の2022年4月4日13時19分のツイート2022年4月8日閲覧。
  2. ^ 4月からの新番組をどどーんとご紹介!”. 日本放送協会. 2022年2月9日閲覧。
  3. ^ 2022年度 新番組一覧 (PDF)”. 日本放送協会 (2022年2月9日). 2022年2月11日閲覧。
  4. ^ なお、『きん5時』では同番組司会の武田真一アナウンサーが担当するヘッドラインニュースのコーナーで使用しているテロップや関東地方でのカスタム時刻表示のデザイン、17:30頃に『正午のニュース』を兼務するアナウンサーが最新ニュースを伝える点が『ゆう5時』と共通しているほか、当番組の公式ツイッターアカウントも『きん5時』と共通のアカウントである。
  5. ^ 高瀬アナ、新番組で「再放送の朝ドラ」受け 「笑った」「突然クイズを」,J-CASTニュース,2022年4月5日
  6. ^ 前番組『ニュース シブ5時』では原則朝ドラ受けはされなかった。
  7. ^ 17:57 - 18:00は各地の放送局から気象情報のため、実質的には17:00 - 17:57。ただし、関東地方での時刻表示は18:00まで当番組仕様のカスタムフォントとなっている。
  8. ^ ただし、野党の審議拒否などで流会となり中継出来なくなった場合や17:00以前に中継が終わった場合は通常通り17:00開始となる。
  9. ^ また、国会中継がある日はEPG上での終了時刻が17:57と表記され、本編終了後の17:57 - 18:00に放送される地域の気象情報がEPGやNHKプラスの配信カレンダーでは単独番組扱いで記載される。
  10. ^ なお、『シブ5時』時代もそうした日に一部の地方局が番組の一部をネット返上する場合があったほか、全国一律で放送終了時刻を繰り上げる短縮放送の対応を取ったこともあった。
  11. ^ なお、『卒業タイムリミットダイジェスト』は翌28日2:19 - 2:34(27日深夜)に未放送部分も含め改めて放送された。
  12. ^ 17:25頃の気象情報は屋外からどーもくんと共に出演し、放送終了後の17:57からの関東甲信越の気象情報はスタジオに戻り単独で出演する。
  13. ^ コーナープレゼンターには、レギュラー出演者以外にも単発で東京アナウンス室のアナウンサーが出演する場合もある(単発出演の欄を参照)
  14. ^ 2022年6月16日は、星麻琴が担当。
  15. ^ NHK高瀬耕造アナ「おはよう日本」から夕方ニュースへ「朝ドラ送りも終わり」”. Yahoo! ニュース. 2022年2月9日閲覧。
  16. ^ 著名人の人生の分岐点となったエピソードを紹介するコーナー

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 月曜 - 木曜 17:00 - 17:57枠(大相撲期間、高校野球期間、祝日除く)
前番組 番組名 次番組
ニュース シブ5時
※16:50 - 18:10
ニュースLIVE! ゆう5時
-