斉田季実治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいた きみはる
斉田 季実治
生誕 (1975-10-03) 1975年10月3日(45歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
出身校北海道大学水産学部
職業気象予報士
配偶者あり

斉田 季実治(さいた きみはる、1975年10月3日 - )は、日本気象予報士防災士。ヒンメル・コンサルティング代表取締役。

来歴・人物[編集]

林野庁に勤務していた父は転勤が多く、東京秋田大阪熊本と引っ越しを重ね[1][2]小学校は4校に通った。だが、スポーツが得意だったこともあり、どこでも早く溶け込むことができた[1]

全国を転々としたが、一番長く熊本に住み、熊本県立済々黌高等学校を経て、住んだことのない土地に行きたいと思い[1]北海道大学水産学部に入学。高校からラグビーを始め、大学時代は2団体に所属した。2年の時、練習船に2週間乗船する航海実習に臨むが、この経験が気象予報士を目指すきっかけとなり、1回目の受験では不合格だったが、3年の時、2回目で合格する[2]

大学卒業後、北海道文化放送(UHB)に入社。事業部を経て報道記者となる。その折に医療裁判ドキュメンタリーの製作に携わったことを機に、かねてから抱いていた医師への夢が再燃。医学部入学を目指しUHBを退社する。しかし、2度受験に失敗したため、金銭面の問題などから再受験を断念。民間の気象会社に転職し、業務用の気象予測など担った[2]

29歳の時、気象キャスターへの転身を決意。九州での修行時代は、NHK福岡放送局に出演する吉竹顕彰を師と仰ぎ、多い時で週3回の酒席も「補習授業」と思って参加し、何でも質問した[3]2006年からNHK熊本放送局の気象キャスターを3年半務め、2010年に東京の気象キャスターオーディションに合格[2]。以来、主に平日夜間のNHK報道番組で活動している。

2021年5月から放送開始のNHK朝の連続テレビ小説おかえりモネ」では、このドラマの「気象考証」を担当する[4]

2018年に気象・防災関連のコンサルティングなどを行う株式会社ヒンメル・コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。NPO法人気象キャスターネットワーク会員。血液型はB型

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

著書[編集]

  • 『いのちを守る気象情報』 NHK出版、2013年。ISBN 978-4-14-088404-1
  • 『知識ゼロからの異常気象入門』幻冬舎、2015年。ISBN 978-4-344-90295-4
  • 『新・いのちを守る気象情報』NHK出版、2021年。ISBN 978-4-14-088654-0

監修[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「スクールデイズ 転校で気候の違いに興味 気象予報士 斉田季実治さん」『読売新聞』14頁 2018年7月26日
  2. ^ a b c d “様々な経験を活かし天気を伝える-気象予報士・斉田季実治さん【北大人に聞く 第3回】”. 北海道大学新聞. (2018年10月31日). http://www.hokudaishinbun.com/2018/10/31/post-7/ 2019年1月12日閲覧。 
  3. ^ 「一語一会 気象キャスター・斉田季実治さん 先輩気象キャスター・吉竹顕彰さんからの言葉」『朝日新聞』夕刊 4頁 2015年10月22日
  4. ^ “西島秀俊「朝岡キャスター」に同情? 斉田季実治「天気予報を見て~」”. J-CASTニュース. (2021年5月18日). https://www.j-cast.com/tv/2021/05/18411802.html 2021年6月19日閲覧。 
  5. ^ 放送が休止される祝日には、代替で放送される『NHKニュース』に出演。
  6. ^ 担当終了後も、不定期で出演することがある。

外部リンク[編集]