奥野国英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥野 国英(おくの くにひで)はフリーアナウンサーである。Pitch FMの高校野球中継[1]FM HaroのJリーグ実況[2]などを担当。

1963年11月10日東京都23区内生まれ。 目黒区立東山中学校、東京都立新宿高等学校、学習院大学法学部卒。

1986年に静岡第一テレビ入社 アナウンス職 ディレクター職 営業職経験後に退職して

1993年に東京の制作会社 オフィスてらに移籍する。テレビ東京のスポーツ番組や日本テレビの箱根駅伝のディレクターを務める。

1995年にフリーアナウンサーになりMXテレビ(現 東京MXテレビ)で東西東京大会の高校野球中継などを担当した。

奥野本人は 東山中学時代の野球部(タレント松尾伴内が同期にいる)、新宿高校時代の放送研究部

大学時代の学生放送局(いずれも放送関係者多数輩出)、とサッカーのプレー経験はないが

静岡第一テレビでは、読売クラブ時代の元サッカー日本代表武田修宏が同期入社だったり

全国高校サッカー選手権で静岡県勢が10年連続ベスト4以上を記録していた時期の在籍だったので

退社後オフィスて・らのディレクター時代、フリーアナウンサーになってからの活動では、サッカー中継やサッカーに関わる番組が多い。

96年には鹿島アントラーズの場内実況(やはり場内DJを担当した元フォーセインツの故・ダニー石尾と同じ職場)

99年からFC東京戦の地上波中継(東京MXテレビ)、00年から浦和レッズ戦中継(浦和ケーブルテレビ)、

14年からジュビロ磐田戦中継(FM HARO), そして現在ではヴァンフォーレ甲府戦中継(FM甲府)など

長きに渡り、Jリーグの中継に関わる。

また飯能日高テレビ「飯能日高スポーツスポーツ」では番組司会者として

なでしこリーグのエルフェン埼玉の取材に携わる。

脚注[編集]

  1. ^ 高校野球中継に伴う特別編成について 2014年7月 Pitch FM
  2. ^ 8月10日(日)「ジュビロ・ライブスペシャル アビスパ福岡戦」 2014年8月3日 FM Haro

3.Amebaブログ奥野国英「たわごと」く2018年7月31日閲覧