園田オートレース場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
園田オートレース場
基本情報
所在地 兵庫県尼崎市田能二丁目(園田競馬場内)
開設 1951年(昭和26年)10月5日
閉場 1953年(昭和28年)1月
テンプレートを表示

園田オートレース場(そのだオートレースじょう)は、かつて兵庫県尼崎市に存在していたオートレース場である。

概要[編集]

オートレースの関西地区進出の嚆矢として開設されたのが本場である。当初は芦屋に新規の走路を備えたオートレース場を開設する予定であったことから、暫定的に開設され1951年(昭和26年)10月5日に初開催された。

上記の通り、あくまでも仮のレース場であったため、園田競馬場内に併設するという形式が取られた。オートレース発祥の地である船橋オートレース場も当時は船橋競馬場内に併設されていたため、この形式自体はとりたてて特異というものではなかった。

開設にあたりレース場の審判やその他従事員が決定的に不足していたため、船橋オートレース場からの支援を受けての開催であったが、売り上げは振るわず、次回の開催が未定となるというアクシデントに見舞われるなど、期待とは裏腹の、悲惨な幕開けだった。

わずか1年4か月で廃止[編集]

1952年(昭和27年)2月、約4ヶ月ぶりに開催が行われたが、売り上げは初開催以上に落ち込んでしまった。更に、園田競馬場の関係者から「馬場が荒れる」という抗議が殺到した。結局、その後レースが行われないまま、1953年(昭和28年)1月に廃止された。

その後、移転という形で甲子園オートレース場が新設されたが、こちらも早期に廃止に追い込まれた。

参考文献[編集]

日本小型自動車振興会『オートレース三十年史』(1981年)

外部リンク[編集]