樺太の競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1939年の樺太 地名に赤線を付した地が公認競馬場があった町

この項では日本の植民地時代[† 1]樺太競馬について扱う。

樺太の競馬は明治末に豊原真岡大泊久春内などの神社で7月から8月に行われる祭礼の余興として始まり、次第に拡大し1923年(大正12年)馬券の発売が始まった。樺太の競馬は、やがて神社祭礼から離れてギャンブルとなっていった。樺太では、馬券発売や競馬場に法的な規制がほとんどなかったため、人口が30万人前後だった1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)ごろには、南樺太全体で大小20余りの競馬場が存在し、馬券を無制限に発売して(人口からすると)盛んにおこなわれていた。1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)ごろの樺太の各競馬場では、八百長や払戻金の不正などが横行したという。1932年(昭和7年)樺太庁では、競馬場のあまりの乱立と無節操ぶりに内地の地方競馬規則と同等の樺太競馬規則を定め、馬券を発売できる公認競馬場を制限し、馬券発売も制限し厳しく取り締まった。このため樺太では、1932年以降の馬券発売を伴う競馬は8つの公認競馬場でのみ断続的に行われ、公認された8か所以外の競馬場では、以前のように神社の祭礼の余興として馬券を売らない草競馬として催された。樺太は寒さが厳しいため、春競馬は6月と7月に行われ、秋競馬は8月と9月に行われ、遅くても10月半ばまでにシーズンを終えた。毎年10月半ばから翌年5月までは、樺太では競馬は開催されていない。

歴史[編集]

1905年(明治38年)のポーツマス条約によって、北緯50度線以南の樺太が日本に割譲された。割譲の翌年1906年(明治39年)には、すでに大泊で小規模ながら競馬場が設けられ[3]1911年(明治44年)豊原などで神社の祭礼の余興として競馬が始まった。いくつかの競馬場には馬産奨励のために樺太庁から補助金が与えられ1911年(明治44年)には、南樺太全体で樺太庁から補助金を受け取る競馬団体(公認団体)は3つあり、それが次第に増えていき、1923年(大正12年)では5つ、1929年(昭和4年)には補助金団体(競馬場)は8つに増えている(当時は軍事、輸送、農業に馬は欠かせないものであったので明治以降、日本政府は馬産と馬匹改良事業を奨励していた。馬産と馬匹改良事業を目的とする競馬も奨励されていた。ただし大正12年までは樺太では馬券は発売されていない。)ただしこの補助金団体は1932年(昭和7年)に制定された樺太競馬規則による公認競馬場(馬券発売を公認された競馬場)とは異なる[4]

1943年(昭和18年)までの樺太は、内地とは異なる異法地域であり、内地の法律は自動的に適用はされず(樺太庁が独自に施政し、樺太住民には日本の国政選挙の投票権はない)、内地の法律を樺太で適用するには「勅令」が必要だった[1][2]。大正12年に内地で馬券が発売許可されたのを見て樺太の各競馬場でも馬券を発売し始めたが、内地で適用されていた競馬法(旧競馬法)や地方競馬規則は樺太では適用されなかったため、非公認の小さな競馬場でも制限されることなく馬券発売を行うことが出来た[5]

1927年(昭和2年)の内地の地方競馬規則では、馬券の発売枚数は一人1レースに付き1枚(1枚2円)、馬券を発売する競馬場は1周1000メートル以上の馬場が必要と規定されたが、樺太では競馬に何ら制限がなく、客は馬券を買いたいだけ買えた。1929年(昭和4年)の時点では人口が30万人に満たない樺太全体で非補助金団体によるものを含めて大小20あまりもの競馬場があったという[6]。樺太日日新聞によれば樺太では田舎の鎮守(村の守り神である小さな神社)の祭礼でも競馬が開催されて馬券が発売され、しかもどこの競馬も盛況だったという[7]。それらの競馬ではインチキ(樺太日日新聞の表記のママ、八百長や払戻金のごまかし)が横行した[8]。競馬場のあまりの乱立とインチキの横行には、競馬に鷹揚だった樺太庁もさすがに問題を感じた。樺太庁自身、1932年(昭和7年)までは樺太の競馬には統制は無かったと認めている[8]。このため樺太庁は1932年(昭和7年)6月、内地の地方競馬規則に準じる内容の樺太競馬規則を定めた[9]。馬券を売れる公認競馬場を1支庁・出張所ごとには1か所と決め[† 2][6]、1931年(昭和7年)では支庁・出張所は9つのため、豊原大泊恵須取知取留多加泊居敷香真岡の8つの競馬場が公認された(本斗の競馬場も公認競馬場に予定されたが、本斗競馬場では規則を満たす1周1000メートルの大きさの馬場が作れなかったため公認されなかった)[11]。一人1レースに付き1枚の馬券の枚数制限は売り上げの大幅な減少になり、樺太の競馬に大打撃を与えた。樺太競馬規則施行直後の知取や敷香の競馬は赤字になり、それを見た各地の競馬場は競馬を中止する[12]

1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)ごろには20余りを数えた樺太の競馬場での競馬開催回数は、1932年(昭和7年)の樺太競馬規則施行後には激減する。樺太日日新聞では、人口の少ない樺太で人口の多い内地と同じ競馬規則(一人1レースに付き1枚の馬券の枚数制限)を適用したら競馬場の経営が成り立たないと説明している[13]

1933年(昭和8年)には内地の地方競馬規則が改正され、馬券は1人1レースに付き1枚が2枚になり、開催1日当たりの最大レース数も12回から14回に拡大された。これを受けて樺太の競馬会は樺太競馬規則の改正を願い出る[14]。樺太庁では一時の樺太競馬界の無節操ぶりから渋るが、結局1934年(昭和9年)に樺太競馬規則は内地の地方競馬規則と同等に改正された[15]

これを受けて樺太の競馬では1日に14レースを行い、馬券は1人1レースに付き2枚まで発売されるようになったが、樺太競馬規則施行直後の1932年(昭和7年)ばかりではなく、わずかに規制が緩んだ昭和9年以降も樺太の競馬は混乱が続き、豊原大泊恵須取知取留多加泊居敷香真岡の8つの公認競馬場も順調に開催できたわけではない[16]

1935年(昭和10年)に発行された『外地及満洲国馬事調査書』によれば、樺太競馬規則施行翌年の1933年(昭和8年)では恵須取競馬会、知取競馬会、樺太競馬会(豊原)、留多加競馬会で馬券を伴う競馬が行われ、恵須取では春2日間、秋3日間競馬が開催され、知取競馬会、樺太競馬会(豊原)、留多加競馬会では秋だけ各3日間競馬が行われ、1933年(昭和8年)秋のシーズンでは4か所の競馬場合計で96レース、入場者は1万3千人あまりになっている。大泊、敷香、泊居、真岡ではこの年は開催できなかった[16]

これら樺太庁公認の8競馬場では、その後も不安定な状態[† 3]でありながらも断続的に競馬は行われている。

新聞報道で確認できるものでは、1936年(昭和11年)では大泊、豊原、敷香、真岡、泊居[20]1941年(昭和16年)では恵須取、豊原、大泊、知取などで競馬が開催されている[21][22]。(ここに記載していない他の年、他の競馬場ではすべて競馬が開催されなかったということではない。資料が乏しいため調査が及んでいないだけである)

競走は駆歩競走(普通の競馬)と速歩競走(トロットレース)のそれぞれが組まれたが、昭和14年豊原競馬場春初日では全14レース中の8レースが速歩競走であり、同年の知取競馬場2日目でも全12レースのうち8レースが速歩または特殊速歩足競走であった。また、島産馬と島外産馬を分けて番組編成をしていた。レースは2-4頭立てが多く、多頭立てでも8頭立て程度のため配当は高くはないが、それでもレースによっては20円(10倍)の最高上限の配当が付いている[23]

1941年(昭和16年)には馬券の制限が一人1レース3枚に拡大し[24]1942年(昭和17年)には内地と同様に馬券税が導入された[25]1945年(昭和20年)8月には樺太はソ連軍の侵攻を受け、これをもって樺太の競馬の歴史は終わりになる。

豊原競馬場[編集]

1929年(昭和4年)豊原市街地図。1932年(昭和7年)までは豊原競馬場は豊原市街の東側の樺太神社の隣接地にあった。
1930年代の豊原中心部。豊原競馬場は1933年(昭和8年)に豊原駅の南西に移転している

樺太の最大の町・豊原では、樺太神社建立の時点で既に競馬場は企画されていた[26]。1911年(明治44年)に、樺太神社がある旭ヶ丘の山麓に平岡定太郎が会長を務める樺太競馬会によって周囲1マイルの競馬場が設けられ、1911年8月23,24の2日間で第一回樺太競馬会競馬が開催されている。これは樺太神社の例大祭の余興として組まれたものだという[27][28]。1マイルの走路は四角形で、コーナーにやや丸みをつけたもので右回り、幅は10間(18メートル)あまり。馬見場(スタンド)は長さ50間、幅2間のものを2段に組み、およそ600人収容。馬は乗馬用のほかに荷馬などで、馬の種でいうと雑種が29頭余り、土産馬が55頭あまり(番外として農用馬のレースも組まれた。サラブレッドなどの競走専用の馬はいないものの、競馬に熱心な馬主には内地から優良馬を購入したものもいる)[29]

初日には正式のレースが7レースが行われ、7レースとも6頭立て、距離は1マイルで行われている。2日目も7レースで、正式なレースのほかに各競走の勝利馬による決勝レースや番外のレースも行われ2日間で10数組の番外レースが行われている。初日の天候は雨だったにも関わらず3-4千人の観客を集め、晴れた2日目には5000人を集めた[30]という。明治44年では広い樺太全体で人口が57000人[† 4]なので、そのなかで数千人を集めた競馬は、当時の競馬雑誌『馬匹世界』も空前の盛挙と報じている[27]。騎手も観客もほとんどは日本人だが、ロシア人も少数いて、ロシア人が勝利騎手の一人になっている[28]

翌年は7月30日に明治天皇が崩御したため競馬開催はずれこんで10月になってから行われ、第二回も2日間で各日とも正規のレースが7レースずつ、番外レースが7レースずつ行われ、前年と同じく水天号が無敗の3勝を挙げている。この年からは距離は1マイルばかりではなく1.5マイルなどの番組も組まれている[32]

1923年(大正12年)からは馬券の発売も開始し、売り上げの15%を樺太競馬会が取ったという[33]

昭和に入ってまもなく、樺太神社祭礼と離れて春・秋の2場所を開催するようになっている。

1927年(昭和2年)からはそれまで番外として行われていた騎乗速歩競走が正規の番組となり[34]、競走の中で速歩競走の番組数がだんだんと増えていった[35][36]

樺太神社の近く、旭ヶ丘の山麓にあった競馬場は1932年(昭和7年)の樺太競馬規則による公認競馬場にはならず、1933年(昭和8年)豊原の西方・豊原遊郭の南を流れる鈴谷川の東岸に競馬場が新設されることになった[37]。樺太競馬会は樺太競馬規則の定めによって社団法人樺太競馬会に組織替えし、新競馬場を1周1マイルの大きさと定めた[38]

豊原町『豊原町勢要覧』1935年発行によれば1910年(明治43年)に有志によって樺太競馬会が設立されて、だんだんと発展し、1932年(昭和7年)には社団法人化されている。豊原町大字南豊原南三線區割外に17万8920坪(約59万平方メートル)の競馬場地を持ち、春・秋に競馬を行ったとのこと[39]

大泊競馬場[編集]

樺太南部の港町・大泊では1906年(明治39年)には、山本榮助によって小規模な競馬場が作られたという[3]。大泊では亞庭(あにわ)神社の祭礼の余興として競馬は行われ[40]1911年(明治44年)には大泊市街北側、神楽丘の北側山腹に一周370間(約670メートル)の競馬場が作られた[41]。しかし神楽丘の競馬場は狭く傾斜がきついので、1913年(大正2年)大泊東側の大泊川沿岸に87500坪の土地を確保して一周600間(約1090メートル)の競馬場が設けられた[42][† 5]。1931年(昭和6年)の大泊では第23回競馬が行われ、8月11日から3日間。特等入場券(馬券5枚付き)が10円、一等入場券(馬券1枚付き)2円50銭、2等入場券(馬券はつかない)が50銭で売られている[40]。1931年の大泊競馬では売り上げが42000円(競馬会の収入は15%)に加えて雑収入があるので賞金4000円を出しても今回は利益が出たという。1931年(昭和6年)の大泊競馬では、8月の競馬が盛況だったので9月5日から秋競馬も開催されている(大泊は黒字だが、他の競馬場はこの年の世界恐慌による不況で赤字だったり開催を中止したりしている)[43]

真岡競馬場[編集]

樺太西海岸の主要な町の一つ、真岡町では、1912年(明治45年)7月14日に真岡神社の祭礼の余興として競馬が行われ、新設された馬場は1周が半マイル(800メートル)で観客7000人を集めたという[† 6]。馬は真岡だけでなく大泊や豊原からも参加している。[44]

馬券を発売していないころの真岡の競馬の収入は入場料、樺太庁補助金、出走料などと当日に競馬場内で営業した中茶屋(露店)の地代などで賄われていた[45]

真岡の競馬は恒例となり[46]1929年(昭和4年)の真岡競馬では2日間で27レースが行われている[47]。真岡競馬場は昭和5年には一周1000メートルに拡張されている[48]

その他の競馬場[編集]

樺太の競馬がもっとも盛んだった1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)ごろには、後に公認競馬場になった8か所の競馬場のほかに、本斗町落合町でも小規模な競馬場がつくられ、その他の町や小さな村、部落でも馬券を発売して競馬が行われていた。野田郡野田町、本斗郡内幌村、真岡郡清水村、敷香郡内路村、敷香郡泊岸村新問、泊居郡久春内村、豊栄郡豊北村小沼、元泊郡元泊村、豊原町唐松部落、豊原町並川部落などで競馬が行われていたことが新聞報道で確認できる。[49]

樺太競馬規則が施行された1932年(昭和7年)以降は、馬券を発売して競馬が開催されるのは8か所の公認競馬場だけになったが、馬券発売を伴わない神社祭礼の余興としての競馬には規制がないので1932年の落合競馬場は馬券を売らず神社の祭礼競馬として開催するが不人気だったという[50]久春内村は小さい村にも関わらず樺太では早期に競馬場が開設され樺太庁の補助金競馬場になっている[51]。久春内村の競馬場では1932年施行の公認競馬場から外れて馬券が発売できなくなっても神社祭礼競馬として継続され1933年(昭和8年)9月には第25回競馬を開催している[52]

樺太競馬の番組[編集]

樺太の競馬の番組は時代によって異なり、また新聞報道でしか確認できないが、樺太日日新聞で報じられた競馬番組を一部紹介する

明治44年[編集]

明治44年の初の豊原競馬は8月23,24の二日間行われ、本競走は馬体検査で馬を甲組、乙組に分けた。初日は本競走7レース(甲組3レース乙組4レース) 、他に番外競走7レースが行われた。番外レースでは在留ロシア人が勝利騎手の一人になっている。二日目は本競走7レース、決勝レース2レース、番外に農用馬のレースや競馬会役員が騎乗するレースなどが組まれた

明治44年豊原競馬場競馬番組
回数 距離 出走頭数 1着馬名 タイム 年齢 騎手 馬主 2着馬名 3着馬名 備考
初日 第1回 1マイル 6頭立 福山 2分25 6 望月 真岡町高木 寶春 金高
第2回 1マイル 6頭立 軍刀 2分23 5 沢尾 大泊町谷 九州 金龍
第3回 1マイル 6頭立 朝日 2分38 5 土花 大泊町遠藤 大沢 更科
第4回 1マイル 6頭立 水天 2分15 4 鶴谷 豊原町鬼柳 白雲
第5回 1マイル 6頭立 樺太 2分38 11 神谷 川上村山本 丸善 清原
第6回 1マイル 6頭立 第二北海 2分17 6 平村 久春内村杉浦 ほまれ 一天
第7回 1マイル 6頭立 清川 2分48 8 宮方 清川村若原 中吉 町田
二日目 第1回 1マイル 6頭立 九州 2分25 8 土花 大泊町斎藤 金華山
第2回 1マイル 6頭立 寶春 2分35 4 土花 大泊町大吉 豊姫 松林
第3回 1マイル 6頭立 白雲 2分21 6 - 豊原町森川 北星 豊山
第4回 1マイル 5頭立 朝日 2分35 5 土花 大泊町遠藤 目隠 あやめ
第5回 1マイル 4頭立 水天 2分16 4 鶴谷 豊原町鬼柳 第二北海 軍刀
第6回 1マイル 4頭立 大沢 2分29 6 - 大沢村大堀 清原 丸善
第7回 1マイル 6頭立 豊山 2分21 6 鶴谷 豊原町木谷 二〇三
乙組決勝 1マイル 5頭立 寶春 2分28 4 土花 大泊町大吉 大沢 - 賞金50円他
甲組決勝 1マイル 6頭立 水天 2分14 4 鶴谷 豊原町鬼柳 第二北海 - 賞金100円他
出典は樺太日日新聞明治44年8月25,26日付および『馬匹世界』第5年9月号 1911年9月、pp35-36。データの-は記載なしのため不明

昭和5年の豊原の競馬番組[編集]

昭和5年6月22日、春の豊原競馬2日目は午前11時スタートで閉場は午後8時まで。騎乗速歩競走(騎乗のトロットレース)4レースを含む13レースが行われ、さらに番外レースも組まれている。速歩競走には馬によってハンデが付き、斤量ではなくスタート場所を前に出すことでハンデをつけている。馬券は1枚2円である。ここで言う駆歩はギャロップ(現代の用語では襲歩)のことである。

昭和5年6月22日豊原競馬場春開催二日目成績
回数 種類 番組 距離 出走頭数 1着馬名 タイム 2着馬 3着馬 投票数 配当 備考 
第一回 速足 島外産馬 2マイル 3頭立 ブラックローズ 7分7秒1/2 ゲンロク 第二ケンブリッジ 215 4円30銭 フラックローズ80間ゲンロク180間のハンデ付き
第二回 駆歩 島外産馬 1マイル1/2 4頭立 ブラックスター 3分00秒 アニワ 政光 342 3円10銭
第三回 駆歩 島産新馬 1マイル 8頭立 錦龍 1分58秒 金時 南樺 283 5円
第四回 駆歩 島産古馬 1マイル1/8 4頭立 キューバス 2分12秒1/5 八千代 流山 397 3円90銭
第五回 速歩 島産 2マイル 3頭立 天龍 7分34秒 八重姫 並川 447 3円70銭 八重姫50間ハンデ
第六回 駆歩 島外産馬 1マイル 3頭立 サッポロ 1分56秒 タイセイ 政光 591 6円90銭
第七回 駆歩 島産新馬 3/4マイル 6頭立 小桜 1分39秒 ツバサ 金波 340 3円10銭
第八回 駆歩 島産古馬 1マイル 5頭立 八千代 1分57秒 流山 キタオ 409 4円60銭
第九回 速歩 速歩優勝 2マイル 3頭立 豊原 7分18秒1/3 ゲンロク ブラックローズ 370 2円70銭 豊原160間ゲンロク110間のハンデ付き
第十回 速歩 島産速歩優勝 2マイル 2頭立 八重姫 7分3秒 天龍 331 2円50銭
第十一回 駆歩 島外産馬優勝 2マイル 3頭立 キタイチ 3分54秒 イナズマ サッポロ 598 3円
第十二回 駆歩 島産新馬 1マイル 5頭立 錦龍 1分59秒1/2 金時 ヒコー姫 534 12円60銭
第十三回 駆歩 島産古馬優勝 1マイル1/2 3頭立 キューバス 2分56秒 カーチス 旗姫 343 3円40銭
出典は樺太日日新聞昭和5年6月24日

昭和14年の豊原の競馬番組[編集]

昭和14年になると樺太の競馬は速歩競走が増え、昭和14年春の豊原競馬初日では全14レース中8レースが速歩競走になっている。それは豊原ばかりではなく知取競馬でも全12レースのうち8レースが速歩競走である。また、距離がメートルになっている。

昭和14年6月30日豊原競馬場春開催初日成績
回数 種類 番組 距離 出走頭数 1着馬名 タイム 2着馬 3着馬 投票数 的票数 配当 備考 
第一回 速足 特殊混合速歩 3200m 8頭立 フクニシキ 7分21秒 ミスミンク ミスシズエ 102 6 20円
第二回 駈歩 島内産新馬 1700m 3頭立 ショウヨウ 2分6秒 タケミツ ミスイズミ 234 144 2円70銭
第三回 速歩 島内産新馬 3400m 6頭立 ミカサ 7分45秒 ホウリウ トヨミツ 280 174 2円70銭
第四回 駈歩 島内産古馬 1800m 3頭立 ライトニング 2分6秒 セイザン タケトモ 275 206 2円20銭
第五回 速歩 島内産古馬 3600m 5頭立 ハナイサミ 7分1秒 メーフク ヒヨドリ 351 229 2円60銭
第六回 駈歩 島外産馬 1900m 3頭立 タンブク 2分19秒 アサカ ローアス 429 135 5円40銭
第七回 速歩 島外産馬 3800m 7頭立 キンブル 6分54秒 イチマル ハエガシ 407 194 3円50銭
第八回 速歩 特殊混合 3300m 5頭立 ミスシズエ 7分47秒 ミスミンク ハルカゼ 298 198 2円50銭
第九回 速歩 島内産新馬 3200m 4頭立 シクカチクバ 7分16秒 ホウリウ トヨミツ 157 0 配当なし
第十回 駈歩 島内産新馬 1600m 4頭立 タケミツ 2分2秒 フラークス ミスイズミ 288 195 2円50銭
第十一回 速歩 島内産古馬 3400m 4頭立 メーフク 7分8秒 ヒヨドリ コーシン 337 223 2円40銭
第十二回 駈歩 島内産古馬 1700m 3頭立 セイザン 2分1秒 タケトモ アサカゼ 260 152 2円90銭
第十三回 駈歩 島外産馬 1800m 2頭立 ローアス 2分4秒 トヨヒメ 231 141 2円70銭
第十四回 速歩 島外産馬 3600m 6頭立 ニシオカ 7分26秒 イチマル アサヒノボル 134 47 4円80銭
出典は樺太日日新聞昭和14年7月1,2日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1905年から1945年にかけての南樺太の地位については、日本の植民地であるという考えと、植民地ではなく北海道と同等の日本であるとの考えがある。特殊な内地植民地とする考えや、外地性の希薄な外地であり異法地帯であるとの考えもある[1][2]樺太アイヌギリヤークなどの先住民族ロシア人は少数で住民の大半が日本人である南樺太は、朝鮮や台湾と同じには考えにくい[2]が、ここでは植民地とする。
  2. ^ 南樺太の支庁・出張所の数は年によって大きく違うが大正15年以降は支庁が7つ出張所が2つ程度[10]
  3. ^ たとえば昭和11年知取競馬は赤字続きなので中止が検討されたり[17]、真岡秋は馬場不良で中止になったり[18]、樺太庁のお膝元の豊原でも昭和15年の春競馬が赤字の為秋競馬は中止が検討されたりしている(結局は開催されている)[19]
  4. ^ 極寒の樺太では夏と冬では人口が違い、明治44年では夏の人口57000人だが冬には避寒のため内地に戻る者が多く36725人に減っている[31]
  5. ^ 新撰大泊史では1911年の神楽丘の競馬場を1.25マイルとしている[3]が、樺太日日新聞の一連の報道では370間(約670メートル)で統一されており、神楽丘の競馬場は狭いので、大泊東側の大泊川沿岸に一周600間(約1090メートル)の競馬場を作ったとあり、新撰大泊史の数字はまちがいであろう
  6. ^ 当時の真岡の人口は5000人。樺太全体でも6万人程度なので信じがたい数字だが、新聞報道ではそのように報じられている[44]

出典[編集]

  1. ^ a b 全国樺太連盟『樺太沿革行政史』1978年、594頁
  2. ^ a b c 工藤 信彦『わが内なる樺太』石風社、2008年、252-259頁
  3. ^ a b c 新撰大泊史、294頁。
  4. ^ 外地及満洲国馬事調査書、198-200頁。
  5. ^ 『樺太日日新聞』1923年8月9,16日
  6. ^ a b 外地及満洲国馬事調査書、198-199頁。
  7. ^ 『樺太日日新聞』1930年9月3日
  8. ^ a b 『樺太日日新聞』1932年7月3日
  9. ^ 『樺太日日新聞』1932年7月28日
  10. ^ 樺太庁施政三十年史 上巻、190頁。
  11. ^ 『樺太日日新聞』1932年7月28日
  12. ^ 『樺太日日新聞』1932年7月1,3,7,10,12,21,26日
  13. ^ 『樺太日日新聞』1932年7月21日
  14. ^ 『樺太日日新聞』1933年7月6日
  15. ^ 帝國馬匹協會 編「外地法規 樺太 競馬規則」昭和9年6月改正 樺太庁令第12号改正『馬政関連法令』帝國馬匹協會、1938年、1617-1623頁
  16. ^ a b 外地及満洲国馬事調査書、201-203頁。
  17. ^ 『樺太日日新聞』1936年6月10日
  18. ^ 『樺太日日新聞』1936年8月21日
  19. ^ 『樺太日日新聞』1940年9月3日
  20. ^ 『樺太日日新聞』1936年6月14,19日、7月12,17,18,19,22日、8月11,17,28日
  21. ^ 『恵須取毎日新聞』1941年6月19日、8月17日
  22. ^ 『樺太日日新聞』1941年7月1,16,24,27日、9月4,14
  23. ^ 『樺太日日新聞』1939年7月1,2日、8月1日
  24. ^ 『樺太日日新聞』1941年6月5日
  25. ^ 全国樺太連盟『樺太沿革行政史』1978年、793頁
  26. ^ 『朝日新聞』1909年8月23日
  27. ^ a b 馬匹世界、明治44年9月号
  28. ^ a b 『樺太日日新聞』1911年8月25日
  29. ^ 『樺太日日新聞』1911年8月2,5,20日
  30. ^ 『樺太日日新聞』1911年8月25-26日
  31. ^ 樺太庁施政三十年史 上巻、88-89頁。
  32. ^ 『樺太日日新聞』1911年10月5-7日
  33. ^ 『樺太日日新聞』1923年8月16,22,25日
  34. ^ 『樺太日日新聞』1927年8月20日
  35. ^ 『樺太日日新聞』1930年6月24日
  36. ^ 『樺太日日新聞』1939年7月1,2日
  37. ^ 『樺太日日新聞』1932年6月2日
  38. ^ 『樺太日日新聞』1932年6月26日
  39. ^ 豊原町勢要覧
  40. ^ a b 『樺太日日新聞』1931年8月8日
  41. ^ 『樺太日日新聞』1911年8月10日
  42. ^ 『樺太日日新聞』1913年8月1日
  43. ^ 『樺太日日新聞』1933年9月3-10日
  44. ^ a b 『樺太日日新聞』1912年7月14日
  45. ^ 『樺太日日新聞』1923年7月18,19日
  46. ^ 『樺太日日新聞』1929年7月7日
  47. ^ 『樺太日日新聞』1929年7月11日
  48. ^ 『樺太日日新聞』1930年9月9日
  49. ^ 『樺太日日新聞』1927年7月20日、1929年7月24日、8月2,7,18,21,22,27日、1930年7月2日、9月6日、1932年6月7日、1933年7月11日、9月19日
  50. ^ 『樺太日日新聞』1932年7月26日
  51. ^ 『樺太時報』25号、1929年5月、55頁
  52. ^ 『樺太日日新聞』1933年9月19日

【目次へ移動する】

参考文献[編集]

  • 農林省畜産局『外地及満洲国馬事調査書』 、農林省畜産局、1935年
  • 西鶴定嘉 著『新撰大泊史』 、大泊町 (樺太)、1939年
  • 豊原町『豊原町勢要覧』 、豊原町、1935年
  • 樺太庁『樺太庁施政三十年史』 上、原書房 (樺太庁1936年発行本の復刻刊行)、1973年
  • 帝国馬匹研究会『馬匹世界』 1911年9月、帝国馬匹研究会、1911年9月
  • 樺太日日新聞社『樺太日日新聞』 。

関連項目[編集]