恵須取町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恵須取町
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 恵須取支庁
恵須取郡
総人口 31,959
1941年12月1日
隣接自治体 恵須取郡塔路町鵜城村
名好郡名好町
元泊郡知取町
敷香郡泊岸村
恵須取町役場
所在地 樺太庁恵須取郡恵須取町
恵須取町役場
座標 北緯49.0797度 東経142.0711度 / 北緯49.0797度 東経142.0711度 / 49.0797; 142.0711座標: 北緯49.0797度 東経142.0711度 / 北緯49.0797度 東経142.0711度 / 49.0797; 142.0711
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

恵須取町(えすとるちょう)は、日本の領有下において樺太に存在した

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照のこと。現在はロシア連邦サハリン州ウグレゴルスクなどとして実効支配している(行政区分は一致しない)。

概要[編集]

間宮海峡に面する恵須取川河口に位置する。恵須取支庁が設置され、真岡町と並ぶ樺太西海岸の中心的都市であった。王子製紙(元樺太工業)の製紙工場と炭鉱の町として急速に発展し、1945年(昭和20年)10月1日には市制が施行される予定であったが、ソ連による占領のため実現しなかった。1937年(昭和12年)末の人口は31959人である。市街地は港湾を中心とする浜市街と鉱山を中心とする山市街に分かれていた。

戦前の建造物はソビエト連邦時代に改築が進み、ほとんど残っていない。現在も残存している物には、旧王子製紙工場や旧恵須取小学校の奉安殿や旧恵須取神社の鳥居や標柱等がある。

以前NHKラジオ第2放送気象通報では敷香(ポロナイスク)から入電がないときは恵須取からの気象情報を放送していたが「ウグレゴルスク」ではなく「エストル」としていた。近郊(塔路)に日本軍によって建設されたウグレゴルスク空港がある。

恵須取の浜市街(1945年(昭和20年)以前の撮影) 

歴史[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

軽便鉄道以外、鉄道は敷かれておらず、省線樺太東線内路駅より省線省営自動車内恵線(107.3km)のバスで結ばれていた。なお、樺太西線久春内村から珍内町を経て恵須取まで延伸する計画が存在しており、実際に建設中であったが、ソ連による占領のため、完成に至らなかった。

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[1]

国民学校[編集]

  • 樺太公立天内第一国民学校
  • 樺太公立天内第二国民学校
  • 樺太公立恵須取第一国民学校
  • 樺太公立恵須取第二国民学校
  • 樺太公立恵須取第三国民学校
  • 樺太公立神多国民学校
  • 樺太公立上恵須取国民学校
  • 樺太公立布礼国民学校
  • 樺太公立上布礼国民学校
  • 樺太公立白樺国民学校
  • 樺太公立清里国民学校
  • 樺太公立翠樹国民学校
  • 樺太公立長島国民学校
  • 樺太公立胡桃沢国民学校
  • 樺太公立武道国民学校
  • 樺太公立大平第一国民学校
  • 樺太公立大平第二国民学校

中等学校[編集]

  • 樺太庁恵須取中学校
  • 樺太公立恵須取高等女学校
  • 樺太公立恵須取工業学校

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1688、p. 1692 - 93

関連項目[編集]