鵜城村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鵜城村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 恵須取支庁
恵須取郡
総人口 3,795
1941年12月1日
隣接自治体 恵須取郡恵須取町
恵須取郡珍内町
元泊郡知取町
鵜城村役場
所在地 樺太庁恵須取郡鵜城村
座標 北緯48度50分41秒 東経141度56分36秒 / 北緯48.844836度 東経141.943359度 / 48.844836; 141.943359座標: 北緯48度50分41秒 東経141度56分36秒 / 北緯48.844836度 東経141.943359度 / 48.844836; 141.943359
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

鵜城村(うしろむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

鵜城という地名は、アイヌ語の「ウソロ」(が多い所)、「ウスオロ(ウショロ)」(湾、入江の中)による[1]

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。現在はロシア連邦サハリン州オルロヴォ、オリシャンカなどとして実効支配している(行政区分は一致しない)。

概要[編集]

  • 西は間宮海峡に面していた。
  • 村内には樺太の銘山である伊皿山が存在した。なお伊皿山の語源はアイヌ語のイサラヌプリであるとされている。

歴史[編集]

大野藩の北蝦夷地開拓史[編集]

  • 安政4年(1857年) 箱館大野屋開店。城下に病院を開設。北蝦夷地開拓を決定。
  • 安政5年(1858年幕府より北蝦夷地開拓許可。大野丸完成。
  • 安政6年(1859年) 北蝦夷地開拓兵到着、鵜城(ウショロ)を根拠地として越冬。
  • 万延元年(1860年) 北蝦夷地の一部を大野藩準領地として決定。

村内の地名[編集]

  • 鵜城
  • 円度(えんど)
  • 小草(おぐさ)
  • 荷負(におい)
  • 北幌泊(きたほろどまり)
  • 牛苫(うしとま)
  • 内胡(ないこ)
  • 北宇須(きたうす)
  • 幌千(ほろち)
  • 幌岸(ほろきし)
  • 衣薫(いくん)
  • 婆古沼(ばっこぬま)
  • 知志仁(ちしに)
  • 古丹(こたん)
  • 軽串(かるくし)
  • 泊岸(とまりきし)
  • 伊皿(いざら)
  • 乾苫(ほしとま)
  • 知良(ちら)
  • 知来岬(ちらいみさき)
  • 三股(みつまた)
  • 十三号沢(じゅうさんごうざわ)
  • 鵜城沢(うしろざわ)

[2]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[3]

  • 樺太公立古丹国民学校
  • 樺太公立円度国民学校
  • 樺太公立鵜城国民学校
  • 樺太公立内胡国民学校
  • 樺太公立上幌千国民学校
  • 樺太公立幌千国民学校
  • 樺太公立幌岸国民学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.387
  2. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  3. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1687

関連項目[編集]