本斗町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本斗町
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 真岡支庁
本斗郡
総人口 11,201
1941年12月1日
隣接自治体 本斗郡内幌町
真岡郡広地村
留多加郡留多加町三郷村能登呂村
本斗町役場
所在地 樺太庁本斗郡本斗町
Honto Town Office.JPG
座標 北緯46度41分11秒 東経141度51分33秒 / 北緯46.68639度 東経141.85917度 / 46.68639; 141.85917座標: 北緯46度41分11秒 東経141度51分33秒 / 北緯46.68639度 東経141.85917度 / 46.68639; 141.85917
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

本斗町(ほんとちょう)は、日本の領有下において樺太に存在した

本斗という地名は、アイヌ語の「ポン・トー・ケシ」(小さな湖の端)、「ポン・ツ・ケシ」(小さな岬の端)による[1]

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照のこと。現在はロシア連邦サハリン州ネベリスク (Невельск) として実効支配している。

概要[編集]

  • 樺太では珍しい、製紙工場を背景とせず、林業や漁業を中心として発達した町であった。
  • 日本人との関わりも大変古く、1295年日持日蓮宗の布教活動の為に町内にあたる阿幸(ヤスノモルスキー)に上陸したと言われている。

歴史[編集]

町内の地名[編集]

旧本斗村地域
  • 本斗
  • 北本斗
  • 浜本斗
  • 汐見台(しおみだい)
  • 遠節(とおぶし)
  • 遠節沢(とおぶしざわ)
  • 吐鯤保(とこんぼ)
  • 吐鯤保沢(とこんぼざわ)
  • 良音問(らねとい)
  • 鳥舞(とりまい)
  • 鳥舞沢(とりまいざわ)
  • 北沢(きたざわ)
  • 南浜(みなみはま)
旧阿幸村地域
  • 阿幸
  • 麻内(あさない)
  • 知根平(ちねひら)
  • 阿幸沢(おこうざわ)
  • 麻内沢(あさないざわ)

[2]

交通[編集]

かつての本斗港の風景
  • 航路

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[3]

国民学校[編集]

  • 樺太公立知根平国民学校
  • 樺太公立麻内国民学校
    • 麻内沢分教場
  • 樺太公立阿幸国民学校
  • 樺太公立遠節国民学校
  • 樺太公立遠節沢国民学校
  • 樺太公立本斗国民学校
  • 樺太公立吐鯤保沢国民学校

中等学校[編集]

  • 樺太庁本斗水産学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.278
  2. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  3. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1685 - 86、p. 1693

関連項目[編集]

外部リンク[編集]