海馬村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海馬村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 真岡支庁
本斗郡
総人口 751
1941年12月1日
海馬村役場
所在地 樺太庁本斗郡海馬村北古丹
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

海馬村(かいばむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。海馬島からなる。終戦直後にソ連軍が上陸した際、略奪、暴行を恐れた全戸が島より脱出した。東部の北古丹地区に村役場があった。

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を、現状に関してはサハリン州の項目を参照。

歴史[編集]

村内の地名[編集]

  • 北古丹(きたこたん)
  • 南古丹(みなみこたん)
  • 泊皿(とまりざら)
  • 東泊皿(ひがしとまりざら)
  • 鴎沢(かもめざわ)
  • 宇須(うす)
  • 南宇須(みなみうす)
  • 磯浦(いそうら)
  • 大沢(おおさわ)
  • 望楼下(ぼうろうした)
  • 西浜(にしはま)
  • 長浜(ながはま)
  • 海馬浜(かいばはま) 

[1]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

  • 樺太公立海馬第一国民学校
  • 樺太公立海馬第二国民学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1687

関連項目[編集]