本斗駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本斗駅(ほんとえき)は、樺太本斗郡本斗町に存在した鉄道省樺太西線。省営自動車本留線の基地となった本斗自動車区についても、同時に述べる。また、南樺太炭鉱鉄道の接続駅であった。

歴史[編集]

運行状況[編集]

  • 樺太西線
  • 省営自動車本留線
    • 当駅 - 遠節駅 - 留多加駅前間を1日3往復3時間46分 - 55分で結んでいた。
    • 当駅発6時30分発留多加駅前10時25分着、8時発11時55分着、13時59分発17時45分着
    • 留多加駅前発7時30分発当駅着11時25分、12時発15時55分着、15時25分発19時20分着。
  • 南樺太炭鉱鉄道は、当駅 - 内幌炭山駅間を1日4往復していた。

駅周辺[編集]

  • 本斗町役場
  • 吐鯤保冷鉱泉
  • 吐鯤保石油試掘地
  • 本斗公園
  • 本斗神社

隣の駅[編集]

鉄道省樺太鉄道局
樺太西線
本斗駅 - 遠節駅
(貨物線)- 浜本斗駅
南樺太炭鉱鉄道
本斗駅 - 吐鯤保駅

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在

関連項目[編集]