ネベリスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯46度40分24秒 東経141度51分48秒 / 北緯46.673333度 東経141.863333度 / 46.673333; 141.863333

町の紋章

ネベリスク (ネヴェーリスク ロシア語Невельск (ニヴィェーリスク))[1] は、サハリン南部の西海岸に面した都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代 (1905年1945年) の本斗町 (ほんとちょう) にあたる。

日本統治時代の詳細については、「本斗町」の項目を参照すること。

概要[編集]

ネベリスクは、サハリン南部の西海岸に面した港町。ユジノサハリンスクから西へ約133キロメートル、ホルムスクから南へ約50キロメートル、北緯46.673333度、東経141.863333度に位置している。町の人口は、10,722人 (2014年人口調査)。

1905年以降の日本統治時代は、「本斗」と呼ばれていた。1945年、ソ連が占領し、その統治下に置かれた。

1972年北海道稚内市と提携を結び、その友好都市となった。そのこともあり、ネベリスク市内には「わっかない通り」という名前の通りがある。

1983年大韓航空機撃墜事件では、海底に沈んだ機体と遺体の捜索基地となった。南東の郊外にある日本人墓地には、犠牲者を悼んで「祈りの碑」が建立されている[2]

2007年、サハリン西方沖の地震により被害を受け、約2,000人の人々が家を失った[3] [4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロシア語の「в」の発音はv音のため「ネヴェリスク」 「ネヴェーリスク」と表記した方がより原語に近いが、慣習的に使用されている例の多い「ネベリスク」の表記を使用した。例えば、「サハリンの友好都市との交流経過」 (稚内市)「2人死亡負傷多数ネベリスク」 (読売新聞)「通信網、6月に開通 道-サハリン海底ケーブル」 (北海道新聞) では「ネベリスク」と表記している。
  2. ^ 徳田耕一 『サハリン-鉄路1000キロを行く-』(JTBキャンブックス)、JTB、1995年、p.41.
  3. ^ 気象庁平成19年8月地震・火山月報(防災編) 特集.2007年8月2日のサハリン西方沖〔サハリン南部付近〕の地震」 『地震・火山月報(防災編)』 2007年8月号. 2008年4月23日閲覧.
  4. ^ AP通信Tent camps set up for 2,000 left homeless by quake near Sakhalin Island” 『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』 2007年8月3日付け. 英文. 2008年4月23日閲覧.
ロシアの旗 サハリン州の市町 サハリン州の旗
州都: ユジノ=サハリンスク

アニワ | アレクサンドロフスク=サハリンスキー | ウグレゴルスク | オハ | クリリスク | ブレヴェスニク | ゴリャチエ・クリュチ | コルサコフ | シャフチョルスク | スタロドゥプスコエ | スミルヌイフ | セベロ=クリリスク | ティモフスコエ | トマリ | ドリンスク | ネフチェゴルスク | ネベリスク | ノグリキ | プリゴロドノエ | ホルムスク | ポロナイスク | マカロフ | マロクリリスク | ユジノクリリスク | ルイバキ