新幹線リレー号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新幹線リレー号(しんかんせんリレーごう)とは

  1. 1982年昭和57年)から1985年(昭和60年)まで上野 - 大宮間を東北本線経由で運行していた東北新幹線上越新幹線連絡列車。
  2. 1985年(昭和60年)と1986年(昭和61年)に新井高田直江津 - 長岡間を信越本線経由で運行していた臨時快速列車。
  3. 1995年(平成7年)10月22日・25日・29日に、長野新幹線工事による上越新幹線・高崎駅‐越後湯沢駅間運休に伴い、同区間を上越線経由で運行していた臨時特急列車。
  4. 1998年(平成10年)から2001年(平成13年)まで、八王子府中本町 - 大宮間を中央本線武蔵野線経由で運行していた快速列車。
  5. 2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震発生後の東北新幹線復旧期間中に福島 - 仙台間を東北本線経由で運転していた東北新幹線連絡列車。

本記事では 1. 3. および 5. について記述する。4. についてはむさしの (列車)を参照。

新幹線リレー号(1982年 - 1985年)[編集]

上野駅にて(1983年撮影)

1982年昭和57年)6月23日の東北新幹線大宮 - 盛岡間暫定開業に際して大宮 - 上野間の輸送を行うために運行された専用列車である。

当初は同年11月15日に予定された上越新幹線開業までの暫定ダイヤであったことから、所定の185系200番台のみならず急行列車455系・457系電車普通列車115系電車による運行もあったが、上越新幹線開業後は185系200番台による14両編成の限定運用となった。

営業上は新幹線列車の延長とされ上野 - 大宮間は無停車としたほか以下の特徴を備えていた。

  • 両駅ともに発着ホームを限定[注 1]した上でホームへの通路も一般の通路とは区分する。
  • 新幹線特急券を所持していない場合は乗車不可であった[注 2]ほか、新幹線用を除く定期券での乗車も不可であった。このためホームにおいて乗車時に新幹線特急券を確認・回収する形で一般乗客と利用者を分離していた。
  • 列車編成中に連結してあるグリーン車は「シルバーカー」の名称で新幹線特急グリーン券を有しているものないしは体が不自由な乗客への「優先席」とした上で普通車扱い[注 3]としていた。
  • 当時としては珍しい「リレーガール」と愛称の付いた女性客室乗務員が乗務し主にシルバーカー利用客の案内や体が不自由な乗客に対して乗降などの介助にあたった。

運行時分は定期列車のダイヤパターンに準じ29分程度で運行されたが、本区間は東北本線・高崎線の普通列車または京浜東北線による輸送も視野に入っており、当時の時刻表の東北新幹線・上越新幹線の欄には接続列車の時刻として本列車以外にも上述列車も乗換標準時間内に収まれば「接続列車」として収録された。

  • ただし新幹線臨時列車に接続する列車は設定されていない。これは同区間にはすでにダイヤの余裕が少なかったことや新幹線に振り分けられなかった一部の特急列車急行列車でも臨時列車を運行することで暫定始発駅であった大宮での混雑回避を優先させたためである[要出典]

東北・上越新幹線上野開業による1985年(昭和60年)3月14日のダイヤ改正をもって運転終了し、本列車で運用されていた185系200番台は「草津」など上野発着の165系を使用した急行列車の新特急格上げやエル特急踊り子」の増発に転用された。廃止までの3か月間、これを前後に転出前提とした斜め線カラー(踊り子カラー)で運用された編成もあった。

復活運転[編集]

2002年平成14年)6月23日に東北新幹線大宮開業20周年記念として大宮発仙台行「想い出のあおば」の接続列車として約17年ぶりに復活運転された[1][注 4]

編成は田町電車区(現・田町車両センター)所属のC編成(踊り子用)と新前橋電車区(現・高崎車両センター)所属のS編成(Express185)を併結した14両編成でグリーン車を含め全車普通車自由席の設定で運行した。

新幹線リレー号(1995年)[編集]

1995年(平成7年)10月22日・25日・29日に、上越新幹線高崎駅から北側約4km地点の下り線に、長野新幹線北陸新幹線)との分岐器「ノーズ可動式38番高速分岐器」を挿入する工事を行う事になり、高崎駅 - 越後湯沢駅間を部分運休させる必要が生じ、同区間を上越線経由で代走させる為に設定。

編成は上沼垂運転区485系長野総合車両所489系新前橋電車区185系200番台などが用いられ、青森運転所(当時)所属の485系と583系も応援に入った。

新幹線リレー号(2011年)[編集]

Shinkansen Relay 583 in Sendai 2011.JPG
2011年に運転された新幹線リレー号583系(上)485系(下)
2011年に運転された新幹線リレー号
583系(上)485系(下)

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)は東北新幹線や在来線にも影響を及ぼしたが、東北本線は4月7日までに福島以南と仙台以北が復旧した。一方、東北新幹線は同月12日に東京 - 福島間が復旧したが福島以北の開通はずれ込む見通しとなった。このためJR東日本は同日復旧した東北本線の福島 - 仙台間を快速運転する「新幹線リレー号」の運転を開始し、3時間数分から3時間数十分の所要時間で東京 - 仙台間の移動を可能とした[2]

なお、同区間を同じ白石のみ停車で運転する臨時快速も数本設定されたが、こちらは「新幹線リレー号」の愛称は使用されなかった[5]

同月25日に東北新幹線の福島 - 仙台間が復旧開通したことに伴い、前日の24日限りで運転を終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 運転開始時上野は15番線、上越新幹線開業後は6番線。大宮は7番線。
  2. ^ この件は当時の時刻表でも案内された。
  3. ^ 当時同区間の普通列車に未設定。
  4. ^ 「想い出のあおば」の指定券を所持してなくとも乗車可能。

出典[編集]

関連項目[編集]