羽後境駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽後境駅
Ugo-Sakai Station 20181202b.jpg
駅舎(2018年12月)
うごさかい
Ugo-Sakai
峰吉川 (6.5 km)
(8.1 km) 大張野
所在地 秋田県大仙市協和境字野田128-1
北緯39度37分7.2秒 東経140度19分14.6秒 / 北緯39.618667度 東経140.320722度 / 39.618667; 140.320722座標: 北緯39度37分7.2秒 東経140度19分14.6秒 / 北緯39.618667度 東経140.320722度 / 39.618667; 140.320722
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 271.9 km(福島起点)
電報略号 ウヒ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
145人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1904年明治37年)8月21日[1]
備考 簡易委託駅
* 1919年に境駅から改称。
テンプレートを表示

羽後境駅(うごさかいえき)は、秋田県大仙市協和境字野田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。2番線の奥に秋田新幹線の本線と副線があり、当駅で列車の行き違いを行うことがある。

大曲駅管理の簡易委託駅(大仙市委託)。

駅舎は近くにある「まほろば唐松」の能楽堂をイメージした木造平屋建て[6]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 秋田方面
2 上り 横手方面

(出典:JR東日本:駅構内図

当駅始発・秋田行きの設定がある。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は145人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 340 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 351 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 326 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 322 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 309 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 299 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 294 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 294 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 277 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 267 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 266 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 258 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 249 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 252 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 240 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 237 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 208 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 201 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 197 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 202 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 158 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 145 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速
通過
普通
峰吉川駅 - 羽後境駅 - 大張野駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、534頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 明治40年逓信省告示第764号(明治40年11月27日付官報第7325号掲載)
  3. ^ 今尾恵介 『日本全国駅名めぐり』日本加除出版、2018年、123-124頁。ISBN 978-4-8178-4482-8 
  4. ^ 昭和3年逓信省告示第329号(昭和3年2月10日付官報第334号掲載)
  5. ^ “「通報」奥羽本線羽後境駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 7. (1986年2月28日) 
  6. ^ a b “奥羽線羽後境駅を改装 地元産の杉を使用”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2004-0 3-02) 

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月19日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月17日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]