瀬峰駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬峰駅
駅舎
駅舎
せみね
Semine
田尻 (6.7km)
(3.7km) 梅ケ沢
所在地 宮城県栗原市瀬峰下田102-4
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 407.8km(東京起点)
電報略号 セネ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
498人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1890年明治23年)4月16日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

瀬峰駅(せみねえき)は、宮城県栗原市瀬峰下田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎とは跨線橋で繋がっている。ホーム上に待合室がある。

小牛田駅管理下の業務委託駅JR東日本東北総合サービスに委託)で、みどりの窓口(営業時間 平日7:15 - 18:10、土休8:15 - 17:10)・自動券売機が設置されている。

栗原登米の玄関駅で、かつては仙北鉄道の路線も乗り入れており、駅・ホームはJR線ホームのすぐ東側に存在し、現在のJR線ホームの跨線橋から直接入ることが可能であった。しかし仙北鉄道の廃線に伴い同線側の跨線橋が撤去され、現在はその入口が壁となってふさがれている。その様子は瀬峰駅舎跡地の駐車場から見ることができる。また瀬峰駅跡地は駐車場等に転用され、傍らに「仙北鉄道瀬峰駅跡」の碑が立つ。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東北本線 下り 一ノ関方面
2 (予備ホーム)
3 東北本線 上り 仙台上野方面

※2番線は待避線であるが、2014年1月現在定期列車での使用はない。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 881
2001 863
2002 845
2003 791
2004 775
2005 718
2006 678
2007 646
2008 605
2009 597
2010 568
2011 534
2012 545
2013 546
2014 520
2015 498

駅周辺[編集]

仙北鉄道瀬峰駅跡碑

駅前には商店のほか、住宅もある。東側は田んぼ。

バス[編集]

バス停留所の名称は「瀬峰駅前」である。

栗原市民バス
【玉沢線】ミヤコーバス築館営業所運行委託)
  • 東北新生園前・太沢・玉沢小学校・築館経由 栗原中央病院行 / 県立病院前(循環器呼吸器病センター)
【瀬峰地区市民バス】 (栗原観光タクシー運行委託)
登米市民バス
【南方線】ミヤコーバス佐沼営業所運行委託)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東北本線
田尻駅 - 瀬峰駅 - 梅ケ沢駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 鉄道ピクトリアル』第49巻第3号、電気車研究会1999年3月、 81頁。