おくのほそ道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おくのほそ道』(おくのほそみち)は、元禄文化期に活躍した俳人松尾芭蕉紀行及び俳諧元禄15年(1702年)刊。日本の古典における紀行作品の代表的存在であり、芭蕉の著作中で最も著名で「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」という序文より始まる。

作品中に多数の俳句が詠み込まれている。「奥の細道」とも表記されるが、中学校国語検定済み教科書ではすべて「おくのほそ道」の表記法をとっている。読み易い文庫判は、岩波文庫角川ソフィア文庫講談社学術文庫がある。

概要[ソースを編集]

おくのほそ道(奥の細道)は、芭蕉が崇拝する西行の500回忌にあたる1689年元禄2年)に、門人の河合曾良を伴って江戸を発ち、奥州北陸道を巡った旅行記である[1]。全行程約600里(2400キロメートル)、日数約150日間で東北・北陸を巡って[1]、元禄4年(1691年)に江戸に帰った。

「おくのほそ道」では、このうち武蔵から、下野、岩代、陸前、陸中、陸奥、出羽、越後、越中、加賀、越前を通過して旧暦9月6日美濃大垣を出発するまでが書かれている。曾良の随行日記も、没後数百年を経て曾良本とともに発見されている。

ほとんどの旅程で曾良を伴い、桜の花咲くころの元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に江戸深川にあった芭蕉の草庵である採荼庵さいとあんを出発し(行く春や鳥啼魚の目は泪)、船に乗って千住に渡り、そこから日光街道草加日光へ道を取って下野国城下町黒羽へ行く。黒羽では大いに歓迎されたこともあり、おくのほそ道の旅程では最長となる十数日間滞在する地となった[1]。 ここからさらに北へ向かい白河関を越えて奥州に入る。須賀川飯坂仙台と渡り歩き、日本三景の一つに数えられる松島では、その美しい風景に感動するあまり句を詠めず、曾良が詠んだ句「松島や 鶴に身をかれ ほととぎす」が収載されている[* 1]平泉は、おくのほそ道の折り返し地点にあたり、藤原三代の栄華をしのび、「夏草や兵どもが夢のあと」の句を詠んだ[1]。 ここから奥羽山脈を越えて出羽国に入って山寺立石寺)に立寄り、「しずかさや 岩にしみ入る 蝉のこえ」の句を残す[1]日本三大急流のひとつに数えられる最上川を下り、出羽三山の最高峰である月山にも登り、6月半ばにおくのほそ道の最北の地となった象潟きさかたに到達する。当時の象潟は、松島に劣らぬ景勝地で「松島は笑ふが如く、象潟はうらむが如し」と、その美しい多島風景を評した[1]。 ここから、再び折り返して日本海岸沿いに南下して新潟へ向かい、出雲崎では「荒波や 佐渡によこたふ 天河」と佐渡島を望む日本海の荒波の情景を詠んだ[1]。 さらに海岸を南下して富山金沢福井北陸道を歩いて渡り、美濃国大垣で「蛤の ふたみにわかれて 行秋ぞ」の句を詠んで終わっている[1]

4つの原本[ソースを編集]

推敲の跡多い原本には中尾本(おくの細道)と曾良本(おくのほそ道)があり、個々の芭蕉による真筆箇所もしくは訂正箇所(あるいはその真贋をも唱える学者もいる)については現在でも論が分かれている。その後に芭蕉の弟子素龍そりゅうが清書した柿衞本・西村本がある。この柿衞本・西村本は共に素龍本(素龍清書本)とも呼ばれる(柿衞本の発見以前は、西村本のみがそう呼ばれていた)。

出版経緯[ソースを編集]

西村本の題簽(外題)「おくのほそ道」は芭蕉自筆とされており、これが芭蕉公認の最終形態とされる。芭蕉はこの旅から帰った5年後、1694年に死去したため、「おくのほそ道」は芭蕉死後の1702年に西村本を基に京都の井筒屋から出版刊行され広まった。「奥の細道」ではなく「おくのほそ道」と書くのが正式とされるのはこの原題名に基づく[2]。 この初版本は現在1冊しか確認されていないが、増し刷りされ広まったため版本は多く残る(本文に変化は見られない)。よって現在世間一般に知られる「おくのほそ道」は西村本を指す。

1938年曾良本そらほん発見、1960年柿衞本かきもりほんの存在が発表され、1996年に芭蕉の真筆である野坡本やばほんの発見とされた中尾本なかおほんの存在が発表されている。これによりこの本の原点を探る研究・出版も近年盛んになっている。

旅程[ソースを編集]

足立区(千住宿入口:左側)と荒川区(南千住駅前:右側)でそれぞれに碑を建てているが、芭蕉が隅田川の南岸(荒川区側・当時江戸)に降りて出発したのか、北岸(足立区側)に降りて出発したのかの「千住論争」が存在する[* 2]) 足立区(千住宿入口:左側)と荒川区(南千住駅前:右側)でそれぞれに碑を建てているが、芭蕉が隅田川の南岸(荒川区側・当時江戸)に降りて出発したのか、北岸(足立区側)に降りて出発したのかの「千住論争」が存在する[* 2])
足立区(千住宿入口:左側)と荒川区(南千住駅前:右側)でそれぞれに碑を建てているが、芭蕉が隅田川の南岸(荒川区側・当時江戸)に降りて出発したのか、北岸(足立区側)に降りて出発したのかの「千住論争」が存在する[* 2]
蕪村画 逸翁美術館

江戸、旅立ち[ソースを編集]

元禄2年春 芭蕉は旅立ちの準備をすすめ、隅田川のほとりにあった芭蕉庵を引き払う。

「草の戸も 住み替はるぞ 雛の家」

3月27日[3] 明け方、採荼庵さいとあんより舟に乗って出立し、千住大橋付近で船を下りて詠む。

「行く春や 鳥啼なき魚の 目は泪」

日光[ソースを編集]

4月1日 日光

「あらたふと 青葉若葉の 日の光」

黒羽 雲巌寺 光明寺[ソースを編集]

4月4日 栃木県大田原市黒羽を訪れ、黒羽藩城代家老浄法寺図書高勝、俳号桃雪

4月5日 栃木県大田原市の雲巌寺に禅の師匠であった住職・仏頂和尚を訪ねる。

「木啄も 庵はやぶらず 夏木立」

4月9日 栃木県大田原市の修験光明寺に招かれて行者堂を拝する。

「夏山に 足駄を拝む 首途哉」

那須 温泉神社 殺生石[ソースを編集]

4月19日 栃木県那須町の温泉神社那須与一を偲び、殺生石を訪ねる。

「野を横に 馬牽むけよ ほととぎす」

白河の関[ソースを編集]

4月20日 白河

「心許なき日かず重るまゝに、白川の関にかゝりて旅心定りぬ」

多賀城[ソースを編集]

5月4日 壺の碑(多賀城碑)を見て「行脚の一徳、存命の悦び、羇旅の労をわすれて泪も落るばかり也」と涙をこぼしたという。

松島[ソースを編集]

5月9日 歌枕松島(宮城県宮城郡松島町)

芭蕉は美観に感動したあまり「いづれの人か筆をふるひことばを尽くさむ」と自らは句作せず、代わりに曾良の句を文末に置いた[* 3]

「松嶋や 鶴に身をかれほとゝぎす」曾良

平泉[ソースを編集]

5月13日 藤原3代の跡を訪ねて:

「三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり」

「国破れて山河あり 城春にして草青みたり」という杜甫の詩「春望」を踏まえて詠む。

「夏草や つはものどもが 夢のあと」
「五月雨の 降り残してや 光堂」

光堂と経堂は鞘堂に囲まれ開帳されていなかったと伝えられこれら二つ堂は見ていないとされる。

山形領 立石寺[ソースを編集]

5月27日 立石寺山形市山寺)にて。

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の聲」

新庄[ソースを編集]

5月29日 最上川の河港大石田での発句を改めたもの。

五月雨を あつめて早し 最上川もがみがわ

出羽三山[ソースを編集]

6月5日 羽黒山にて。

「涼しさや ほの三か月の 羽黒山」

6月6日 月山にて。

「雲の峰 いくつ崩れて 月の山」

6月7日 湯殿山にて。

「語られぬ 湯殿にぬらす たもとかな」

鶴岡[ソースを編集]

6月10日 鶴岡にて。

「珍しや 山をいで羽の 初茄子び」

酒田[ソースを編集]

6月14日 酒田にて。

「暑き日を 海にいれたり 最上川」

「あつみ山や 吹浦かけて 夕すヾみ」

象潟[ソースを編集]

6月16日 象潟きさがたは松島と並ぶ風光明媚な歌枕として名高かった。象潟を芭蕉は「おもかげ松島に通ひて、また異なり。松島は笑ふが如く、象潟は憾むうらむが如し。寂しさに悲しみを加へて、地勢 魂を悩ますに似たり。」と形容した。

「象潟や 雨に西施せいしが ねぶの花」

  • 西施は中国春秋時代の美女の名。

汐越しおこしや 鶴はぎぬれて 海涼し」

越後 出雲崎[ソースを編集]

7月4日 出雲崎いずもざきでの句。

「荒海や 佐渡によこたふ 天の河」

市振の関[ソースを編集]

7月13日 親不知おやしらずの難所を越えて市振いちぶりの宿に泊まる。

一家ひとつやに 遊女もねたり 萩と月」

越中 那古の浦[ソースを編集]

7月14日 数しらぬ川を渡り終えて。

「わせの香や 分入わけいる右は 有磯海ありそうみ

金沢[ソースを編集]

7月15日(陽暦では8月29日)から24日 城下の名士達が幾度も句会を設ける。蕉門の早世を知る[* 4]。江戸を発って以来、ほぼ四ヶ月。曾良は体調勝れず。急遽、立花北枝が供となる。

「塚も動け 我泣聲わがなくこえは 秋の風」

「秋すゝし 手毎てごとにむけや 瓜天茄うりなすび

  当地を後にしつつ途中の吟 「あかあかと 日は難面つれなくも 秋の風」

小松[ソースを編集]

7月25日から27日 山中温泉から戻り8月6日から7日 懇願され滞在長引くも安宅の関記述なし。

「しほらしき 名や小松吹 萩すゝき」

加賀 片山津[ソースを編集]

7月26日 『平家物語』(巻第七)や『源平盛衰記』も伝える篠原の戦い(篠原合戦)、斎藤実盛を偲ぶ。小松にて吟。

「むざんやな 甲の下の きりぎりす」

山中温泉[ソースを編集]

7月27日から8月5日 大垣を目前に安堵したか八泊後、和泉屋に宿する。

「山中や 菊はたおらぬ 湯の匂」

「曾良は腹を病て、伊勢の国長島と云う所にゆかりあれば、先立ちて行に」

行行ゆきゆきて たふれふすとも 萩の原」  曾良

「と書き置たり。」

「今日よりや 書付消さん 笠の露」

小松 那谷寺[ソースを編集]

8月5日 小松へ戻る道中参詣、奇岩遊仙境を臨み。

「石山の 石より白し 秋の風」

大聖寺 熊谷山全昌寺[ソースを編集]

8月7日 前夜曾良も泊まる。和泉屋の菩提寺、一宿の礼、庭掃き。

庭掃にわはきて いでばや寺に 散柳ちるやなぎ

終宵よもすがら 秋風聞や うらの山」 曾良

越前 吉崎[ソースを編集]

8月9日 「この一首にて数景尽たり」 蓮如ゆかり吉崎御坊の地。

終宵よもすがら 嵐に波を 運ばせて 月を垂れたる 汐越の松」  西行[5]

敦賀[ソースを編集]

8月14日、夕方、敦賀に到着。仲哀天皇の御廟である氣比神宮に夜参する。美しい月夜であった。遊行二世上人のお砂持ちの故事にちなんで。

「月清し 遊行ゆぎょうのもてる 砂の上」

8月15日、北国の日和はあいにくで、雨が降り、十五夜の名月は見れず。

「名月や 北国日和ほっこくびより 定めなき」

8月16日、西行の歌にもある「ますほの小貝」を拾おうと、船で色ヶ浜へ向かう。

「寂しさや 須磨すまにかちたる 浜の秋」

「波のや 小貝にまじる はぎちり

大垣[ソースを編集]

8月21日頃、大垣に到着。門人たちが集い労わる。
9月6日 芭蕉は「伊勢の遷宮をおがまんと、また船に乗り」出発する。 結びの句

はまぐりのふたみにわかれ 行く秋ぞ」

文化財[ソースを編集]

奥の細道の沿道には多くの文化財が点在している。それらを統合し文化財保護法名勝として、おくのほそ道の風景地が12県に跨り25カ所が指定されている[* 5]

映像[ソースを編集]

  • 「奥の細道をゆく」全31回
  • NHK2000年4月から放送された各回25分の番組。内容はほぼ一年をかけ「奥の細道」全行程を追体験したもの。あとにその3回分を1回にまとめた全10回(各回40分)の総集編が作られ、VHS「奥の細道をゆく」全10巻(各巻40分)として発売されたが、現在では絶版。2001年には同番組内容の書籍「奥の細道をゆく―21人の旅人がたどる芭蕉の足跡」も刊行された。
  • 「NHK趣味悠々 おくのほそ道を歩こう」全9回
  • NHK教育2007年9月・10月に放送された各回25分の番組。自分で歩きたい人に向けた内容。2008年2月にDVD「NHK趣味悠々 おくのほそ道を歩こう」全2巻として発売された。
  • 内容は映像で辿る「おくの細道をたずねて」、および中尾本全頁収録とその朗読・解説。中尾本に興味がある人向け。
  • 「おくのほそ道 DVD&CD」(2005年4月発売/株式会社ジェー・ピー)
  • 内容は各所風景映像に乗せた「おくのほそ道」全文とその朗読。DVD2枚と同内容のCD2枚付き。現代語訳を載せた解説書付き。

おくのほそ道を追体験した記録[ソースを編集]

  • 俳諧師の諸九尼は1771年、京を出発して東海道、江戸、仙台、中山道を経て京に帰り「秋かぜの記」を著している。

ゲームソフト[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 芭蕉がここで「松島やああ松島や松島や」と詠んだというのは全くの俗説。没後百年ほどして、仙台藩の儒者である桜田欽齊『松島図誌』に収載された江戸後期の狂歌師・田原坊の「松嶋やさてまつしまや松嶋や」に由来するものであり、正岡子規も「箸にも棒にもかからぬ駄句なり、芭蕉の句であるわけが無し」と酷評している。→おくのほそ道総合データベース http://www.bashouan.com/puBashous.htm 参照。
  2. ^ 『奥の細道、旅立ちの地は…「千住論争」25年』 読売新聞 2014年7月23日
  3. ^ 実際には「嶋々や 千々にくだけて夏の海」の句がある[4]
  4. ^ 本文では「一笑いつせうと云うものは、此道にすける名のほのぼの聞こえて、世に知人も侍りしに、去年こぞの冬、早世したりとて、」
  5. ^ おくのほそ道の風景地、国指定文化財等データベース、文化庁

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h 浅井建爾 2001, pp. 136-137.
  2. ^ おくのほそ道文学館 2006, 素龍が書写した「おくのほそ道」.
  3. ^ 杉本苑子 2005, p. 8曾良の『旅日記』では「巳三月廿日」となっている。7日以上のずれがある。のちに諸説紛々として揉めることとなった。
  4. ^ 宇和川匠助 1970, p. 79.
  5. ^ 杉本苑子 2005, p. 210。世間では西行作で通っているが、西行のどの歌集にも載ってはおらず、調べたところ蓮如上人の歌だった。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

与謝蕪村『奥の細道画巻』を所蔵
英訳者。『英文収録 おくのほそ道』(講談社学術文庫、2007年)。元本は、1996年刊行の講談社インターナショナル版(切り絵家宮田雅之画)。
また、宮田雅之には『おくのほそ道―宮田雅之切り絵画集』(中央公論社、1987年)がある。
各所を巡る際に携行するのに向いた世良田嵩編『おくの細道』(2010年)が出版されている。地図は名所全て同じ縮尺にしてあり、距離感がつかみやすい。また、カバーを外すとビニールコートされているなど携行に便利な工夫がされている。これまでに出版された書籍に詠み込まれた俳句の表現の変化(推移)を纏めているなどユニークな点もある。
『時刻表おくのほそ道』(文藝春秋、1982年。のちに、文春文庫、1984年)という著作がある(全国のローカル私鉄の紀行文集)。
デビュー曲およびファーストアルバムのタイトルが「奥の細道」である。

外部リンク[ソースを編集]