手樽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手樽駅
ホーム
ホーム
てたる - Tetaru
高城町 (1.8km)
(1.3km) 陸前富山
所在地 宮城県宮城郡松島町手樽字茨崎
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙石線
キロ程 27.3km(あおば通起点)
仙台から塩釜経由で25.5km
電報略号 テタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
14人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1928年昭和3年)4月10日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)

手樽駅(てたるえき)は、宮城県宮城郡松島町手樽字茨崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線である。

概要[編集]

日本三景松島特別名勝松島、県立自然公園松島)の一角に位置する[1][2]

松島湾の一部を構成する入江「手樽浦」(地図)に突き出した岬(地図)の上に当駅は造られ、1928年昭和3年)に宮城電気鉄道の駅として開業した。高城町駅との間の線路は手樽浦上を横切るように設置された。1944年(昭和19年)に国有化され、仙石線の駅となった。

1956年(昭和31年)より、駅周囲の手樽浦を干拓する工事が着工し、舘崎と錢神とを繋ぐ潮受堤防(現・手樽公園、地図)が築かれた[3]。干拓事業は1968年(昭和43年)に完了し、当駅は海に囲まれた状態から一面の田圃に囲まれるようになった[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

運休時の駅構内
代行バス乗り場

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。かつては相対式ホーム2面2線の構成で、駅舎も存在していた。

松島海岸駅管理の無人駅。ホーム上に簡易Suica改札機と乗車駅証明書発行機が設置されている。また2015年5月29日まで運行されていた代行バスの乗り場は駅南側の県道沿いに設置されていた。

利用状況[編集]

2004年度の乗車人員は1日平均14人であった。 以下の表に示す乗車人員数は推計値である[6]。また、翌年(2005)度以降については、正確な数値が掴めない事により公表されていない[7]

年度 一日平均
乗車人員
1999年 20
2000年 19
2001年 12
2002年 9
2003年 12
2004年 14

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
仙石線
特別快速・快速(赤快速)・快速(緑快速)(※以上は仙石東北ライン系統)
通過
普通
高城町駅 - 手樽駅 - 陸前富山駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]