竜ノ口沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竜ノ口沢
水系 一級水系 名取川水系
種別 普通河川
河口・合流先 広瀬川
流路 宮城県仙台市青葉区太白区
流域 宮城県仙台市青葉区太白区
テンプレートを表示

竜ノ口沢(たつのくちさわ)は、日本の宮城県仙台市青葉区を流れる小河川で、広瀬川の支流である。竜ノ口川、竜の口沢などとも書かれる。竜ノ口渓谷によって仙台城の南面を縁取る。仙台周辺に広がる竜の口層という地層の名の由来であり、化石採集地として知られる。長さ約3キロメートル。

地形と地質[編集]

青葉山丘陵と八木山丘陵の間で細流を集める。青葉区太白区の境をなす竜ノ口渓谷は、長さ2キロメートルにわたってV字谷の断崖絶壁をなす。渓谷は出口付近で仙台城の南面を縁取る。城から離れると広瀬川の河岸段丘に入り、広瀬川に合流する。竜の口渓谷をまたぐ橋は数十メートル上に架かる竜の口橋りょう八木山橋のみだが、河岸段丘に出てからは水面から数メートルの小さな橋が1つある。

かつて竜の口沢の下流はもっと長く、愛宕山大年寺山の間にある大窪谷地を通って仙台平野に出てから広瀬川に注いでいた。下流部で並行する広瀬川との間は、経ヶ峯と愛宕山が連なる丘陵部によって隔てられていた。山の間を流れる竜ノ口沢は平地を流れる広瀬川より数十メートル高かった。しかし、広瀬川は花壇の蛇行部分にぶつかって、対岸の丘陵を削り、急崖を作りながら竜の口沢に近づいた。その動きが竜の口沢に達すると、沢の水は広瀬川に落下して滝をなすようになった。一種の河川争奪である。続いてこの滝が崖を削り、上流に向かって後退していった。削られた跡は深い谷となり、現在の地形ができあがったと考えられている[1]。このようにして竜の口渓谷ができた時期は1万年以内という[2]

こうしてできた竜ノ口渓谷は、高さ約70メートルの崖を両岸に露出させている[3]。古いほうの下から竜の口層向山層大年寺層という鮮新世の地層である[4]。このうち竜の口層は、この竜の口沢を模式地とする[5]。向山層は仙台亜炭と呼ばれる亜炭層を複数はさむ[6]

歴史[編集]

仙台城は竜の口渓谷の断崖に南の守りをあずけ、この方面にめだった防備は施していない。細く危うい道がつけられ、方角から「ノ口」と呼ばれた。転じて「竜ノ口」と書かれたのが川の名の由来である。

ここに架橋することを思い立ったのは、八木山を行楽地として開発しようとした八木久兵衛であった。八木は、東から登る従来からの道を拡張整備するとともに、仙台城を経由し、渓谷の美を鑑賞しながら行く北回りの道を望み、竜の口渓谷に八木山橋という吊橋を架け、道路を開いた[7]。後により堅固な橋がかけられたが、深い谷ゆえ自殺の名所となり、その対策として金網を張られた状態で今に至る。

水質[編集]

もとは仙台城の御裏山として保護された山林を源とする清流だったが、1961年に源流部に青葉山ゴルフ場、1965年に渓谷右岸に仙台市八木山動物公園が造られ、住宅も増えた頃から、排水により水質が悪化した[8]

生物[編集]

流域であっても青葉山広瀬川河岸と重なる場所は略し、特徴的な地形である竜の口渓谷について主に記す。

植物[編集]

高木では、崖上の斜面にアカシデ林が成立している。川岸にはところどころクリコナラアカガシ、アカシデ、エドヒガンといった木が生えるが、少ない。崖の中腹から谷底にかけて低木のツクシハギキハギ、川岸にはアジマネザサミヤギザサスズタケといったササの群落がある。ササが弱いところにはタニウツギアカメガシワオオイタドリシラネセンキュウといった低木がある。岸辺からやや離れると、シロダモアオキイヌツゲシロヤナギイヌコリヤナギタチヤナギがまばらに生える。また、急崖の側面にはタヌキランダイモンジソウが生えている[9]

動物[編集]

渓谷の断崖には1970年代までチョウゲンボウヤマセミが営巣していた。1990年頃の調査では、多種多様な鳥が飛来する中で、シジュウカラキセキレイハギマシコが目立った[10]

渓谷の爬虫類としては、トカゲのニホンカナヘビ、ヘビのアオダイショウ、両生類ではツチガエルが見られる。甲殻類のモクズガニは、渓谷の水生生物として代表的なものである[11]

かつては源流付近にホトケドジョウが多かったというが、水質悪化により絶滅したと考えられる[12]。1989年の調査では竜の口渓谷で魚類は発見できず、広瀬川への合流点付近でドジョウを捕えただけだった[13]。2004年と2005年に実施された魚類調査では、竜の口渓谷でアブラハヤ、広瀬川への合流点付近でアブラハヤとヤマメが捕獲された[14]

水生昆虫は種類、数ともに少ない。砂底や瀬・淵が少ないためかという。生息が確認された中ではクロカワゲラ科の幼虫が多い[15]

脚注[編集]

  1. ^ 中川久志「仙台城址およびその周辺地域の地質」(『仙台城址の自然』1990年)3-5頁。田村他「広瀬川流域の地形環境特性」(『広瀬川流域の自然環境』1994年)94-95頁。『仙台市史』特別編1(自然)(1994年)50頁。
  2. ^ 田村他「広瀬川流域の地形環境特性」(『広瀬川流域の自然環境』1994年)95頁。
  3. ^ 小笠原・根本「竜の口層と大年寺層の貝類化石」(『仙台城址の自然』1990年)33頁。
  4. ^ 中川久志「仙台城址およびその周辺地域の地質」(『仙台城址の自然』1990年)2-3頁、12-13頁の図。小笠原・根本「竜の口層と大年寺層の貝類化石」同書33頁。
  5. ^ 中川久志「仙台城址およびその周辺地域の地質」(『仙台城址の自然』1990年)23頁。
  6. ^ 中川久志「仙台城址およびその周辺地域の地質」(『仙台城址の自然』1990年)12-13頁の図、21-22頁。
  7. ^ 佐藤達夫「八木山と八木久兵衛」(『宮城史学』第14、15、16合併号、1993年)145-146頁。
  8. ^ 高取知男「仙台城趾・青葉山地域の魚類」(『仙台城址の自然』1990年)218頁、竹丸勝朗「仙台城趾およびその周辺地域の鳥類」同書229頁。
  9. ^ 大橋広好・他「仙台城趾およびその周辺地域の植物」(『仙台城址の自然』1990年)、53頁。
  10. ^ 竹丸勝朗「仙台城址およびその周辺地域の鳥類」(『仙台城址の自然』1990年)、229-230頁。
  11. ^ 高取知男「仙台城趾・青葉山地域の小動物(両生類・爬虫類・甲殻類)」(『仙台城趾の自然』1990年)、210-214頁。
  12. ^ 高取知男「仙台城址・青葉山地域の魚類」(『仙台城址の自然』1990年)、218頁。
  13. ^ 高取知男「仙台城址・青葉山地域の魚類」(『仙台城址の自然』1990年)、217-218頁。
  14. ^ 棟方有宗・白鳥幸徳「青葉山の広瀬川水系における魚類相」(『宮城教育大学環境教育研究紀要』第8巻、2005年)、155頁。
  15. ^ 高橋雄一「仙台城址及びその周辺地域の昆虫類」(『仙台城址の自然』1990年)279頁、294-295頁。

参考文献[編集]

  • 小笠原憲四郎・根本潤「竜の口層と大年寺層の貝類化石」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 大橋広好・立石庸一・黒沢高秀・梶田忠・横山正弘「仙台城址およびその周辺地域の植物」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 佐藤達夫「八木山と八木久兵衛」、『宮城史学』第14、15、16合併特別号(大塚徳郎先生傘寿記念)、1993年。
  • 仙台市史編さん委員会『仙台市史』特別編1(自然)、仙台市、1994年。
  • 高取知男「仙台城趾・青葉山地域の小動物(両生類・爬虫類・甲殻類)」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 高取知男「仙台城址・青葉山地域の魚類」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 竹丸勝朗「仙台城址およびその周辺地域の鳥類」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 仙台城址自然環境総合調査会『仙台城址の自然 仙台城址自然環境総合調査報告』(仙台市文化財調査報告書第144集)、仙台市教育委員会、1990年。
  • 高橋雄一「仙台城址及びその周辺地域の昆虫類」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 田村俊和、小岩直人、岩船昌起、安齋秀樹、鈴木収二、ベボスリ・チャタリジ、相沢裕子、堀内恒雄「広瀬川流域の地形環境特性」、仙台市環境局環境計画課『広瀬川流域の自然環境』、仙台市、1994年。
  • 中川久志「仙台城址およびその周辺地域の地質」、『仙台城址の自然』、1990年。
  • 棟方有宗・白鳥幸徳「青葉山の広瀬川水系における魚類相」、『宮城教育大学環境教育研究紀要』第8巻、2005年。