アカシデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アカシデ
Carpinus laxiflora2.jpg
アカシデ
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: クマシデ属 Carpinus
: アカシデ C. laxiflora
学名
Carpinus laxiflora (Sieb. et Zucc.) Blume[1]
シノニム

Carpinus laxiflora (Siebold et Zucc.) Blume f. macrophylla (Nakai) W.T.Lee, Carpinus laxiflora (Siebold et Zucc.) Blume var. longispica Uyeki[2]

和名
アカシデ、コシデ、シデノキ、ソロノキ、コソロ、アカソロ[1]
品種
  • f. pendula (Miyoshi) Sugim シダレアカシデ[3]

アカシデ(赤四手、赤垂、学名Carpinus laxiflora)は、カバノキ科クマシデ属落葉高木。別名はコシデシデノキソロノキコソロ[4]

特徴[編集]

北海道南部、本州九州朝鮮半島に分布する。特に関東地方雑木林には多い。高さは15mほど。花期は3月5月頃で、若葉が生えると同時に咲く。には紅葉する。ケヤキに似て状に育つが、ケヤキほど大きくはならないため、庭木として雑木林の野趣を演出したい場合などによく利用される。自然樹形に観賞価値があるため、剪定に不向きであるが、剪定せずとも樹形が整いやすい[4]。その他、シイタケほだ木、製炭材、公園木などに利用される。

和名の由来は、若芽が赤いこと、秋に美しく紅葉することから。「しで」は、注連縄(しめなわ)などに使われる紙垂(しで)のことで、花穂の垂れ下がる様子が似ていることから[4]

ソロと呼ばれる木には、ほかにイヌシデクマシデがあるが、アカシデはそれらに対しやや小ぶりで新芽が赤く、全体に赤みを帯びることから「アカシデ」と呼ばれるが、「赤芽シデ」、「赤目シデ」の呼称もある[4]

種小名 laxiflora は「まばらな花の」という意味。

アカシデとイヌシデの見分け方[編集]

イヌシデに比べ、アカシデは葉がより小さく、葉柄を含め全体に赤みを帯びている。特に葉の付け根が赤い。またイヌシデの葉には多くのが生えているが、アカシデのはない。盆栽界ではイヌシデを「シロソロ」、アカシデを「アカソロ」と呼び区別する場合がある[4]

脚注[編集]