石川宗敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
石川宗敬
時代 江戸時代
生誕 慶長12年5月3日1607年6月26日
死没 寛文8年10月16日1668年11月20日
改名 熊増丸(幼名)→宗昭→宗綱→宗敬
別名 駿河(通称)
幕府 江戸幕府
主君 伊達政宗忠宗
氏族 角田石川氏
父母 父:石川義宗、母:静子(赤坂光顕娘)
牟宇姫伊達政宗娘)
宗弘白石宗信白石宗貞の養子)、
白石宗定(白石宗信の養子)、千代鶴姫(伊達宗敏室)、正菊姫(大町永頼室)

石川 宗敬(いしかわ むねたか)は、江戸時代前期の伊達氏一門・角田石川氏第3代当主。

生涯[編集]

慶長12年(1607年5月3日陸奥国伊具郡角田要害にて石川義宗の子として誕生。幼名は熊増丸。同15年(1610年)、父義宗が病により没するが、熊増丸はまだ幼少であったため、祖父の昭光が後見人として政務を執る。元和2年(1616年)元服し伊達政宗より宗の一字を賜り、宗昭と改称する[1]。同5年(1619年)2月、伊達政宗の娘牟宇姫を妻に迎える。同7年(1621年)正式に家督を継ぎ、角田石川氏第3代当主となる。このとき2,000石加えられ、合高12,000石となる。

寛永元年(1624年5月6日伊達成実伊達宗利と共に伊達政宗の朝茶会に出席する。同5年(1628年)、祖父昭光の法要に際して金鶏山昭光寺を建立。同6年(1629年)5月6日、伊達成実と共に政宗の屋敷の新築を祝うための茶会に出席する。同7年(1630年)12月、嫡子・宗弘が産まれる。寛永13年(1636年)4月、義父にあたる政宗が危篤になり、江戸に赴いたが途中で崩御の知らせを受け角田に戻る。同14年(1637年)6月、大雨により阿武隈川の氾濫し土手が決壊、大洪水が発生したため、領内で多数の死亡者が出た。同16年~18年(1638年1641年)、阿武隈川の治水工事を行う。この堤防工事は総延長2,792間に及び、その後の領地内の野谷地(湿地帯)開発のもととなる。

正保元年(1644年刈田郡湯原邑を賜り、藩境湯原館勤番を命ぜられ、石川家は在番を置いて大境警護にあたる。同3年(1646年)嫡子・宗弘に家督を譲り、隠居となる。その後領内の稲置邑館林に移り住する。

寛文8年(1668年)10月16日、病により没す。享年62。

参考文献[編集]

  • 角田市史

脚注[編集]

  1. ^ 正保元年(1644年)には宗綱と改め、明暦2年(1656年)に宗敬と称す。
先代:
石川義宗
角田石川氏
第3代
次代:
石川宗弘