松森城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
松森城
宮城県
別名 鶴ヶ城
城郭構造 山城

松森城(まつもりじょう)は宮城県仙台市泉区松森にあった日本の城山城[1][2])。本丸と二の丸の位置が鶴翼の陣形に似ていることから別名、鶴ヶ城(つるがじょう)とも言う[2][3]国分盛顕が移り住み、国分盛重が出奔した後は伊達家の所領となり、毎年、仙台藩の野初の舞台となった。

現在では一部が鶴ヶ城公園として整備されている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 仙台市教育委員会 文化財課. “松森城址 - 仙台市の遺跡”. 2020年4月15日閲覧。
  2. ^ a b 松森城址 仙台市”. 仙台市. 2020年4月15日閲覧。
  3. ^ 松森城址 仙台市 緑の名所100選”. 仙台市. 2020年4月15日閲覧。

関連項目[編集]