米津政武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
米津政武
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永15年(1638年
死没 宝永5年6月26日1708年8月12日
改名 大助(幼名)→政武
戒名 雨施澤翁雲行院
墓所 東京都東久留米市前沢の米津寺
官位 従五位下伊勢守出羽守
幕府 江戸幕府 寺社奉行
主君 徳川綱吉
武蔵久喜藩
氏族 米津氏
父母 父:米津田盛
兄弟 政武田賢
正室:植村忠朝
政矩政容伊沢政周(三男)、
大久保教寛正室、青木直宥正室

米津 政武(よねきつ まさたけ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名武蔵国久喜藩初代藩主。

経歴[編集]

寛永15年(1638年)、米津田盛の長男として誕生。貞享元年(1684年)、父の死去により家督を継ぐ。このとき、父から相続した1万5000石の所領のうち、3000石を弟・田賢に分与したため、1万2000石の大名となる。政武は武蔵埼玉郡久喜に藩庁を置いたことから、久喜藩初代藩主となった。

貞享4年(1687年)5月、寺社奉行に任じられるが、元禄元年(1688年)10月、勤務怠慢などを理由に罷免された。元禄11年(1698年)11月11日、長男・政矩に家督を譲って隠居する。

宝永5年(1708年)6月26日、死去。享年71。