米津政懿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
米津通懿
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年(1788年
死没 嘉永6年11月25日1853年12月25日
改名 三太郎・勘兵衛(幼名)→政懿
墓所 東京都東久留米市前沢の米津寺
官位 従五位下伊勢守越中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
出羽長瀞藩
氏族 米津氏
父母 父:米津通政
兄弟 政懿
中山信敬養女(角倉玄匡室)など
正室:堀親寚
継室:森忠賛
継々室:中山信敬
養子:政饒松平忠翼六男)、
政易酒井忠器十男)

米津 政懿(よねきつ まさよし)は、江戸時代後期の大名出羽国長瀞藩2代藩主。

略歴[編集]

天明8年(1788年)、初代藩主・米津通政の長男として誕生。

寛政5年(1793年)12月3日、世子となる。寛政11年(1799年)12月8日の父の隠居により跡を継ぎ、文化3年(1806年)12月16日に叙任する。

嘉永6年(1853年)11月25日、死去。享年66。

はじめ政饒を養嗣子としたが跡を継ぐことはなく、家督はその後養嗣子となった政易が継いだ。