細川満之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 満之(ほそかわ みつゆき、生年不詳(1352年?) - 応永12年12月15日1406年1月5日))は、南北朝時代武将守護大名伊勢備中守護。

細川氏の一族で父は細川頼春、兄に頼之詮春頼有頼元などがいる。子に頼重(よりしげ、嫡子)、満久阿波細川義之の養子)、基之(もとゆき、頼之の養子、和泉下守護家の祖で頼久の父)などがいる。

生年は享年から逆算すると正平7年/文和元年(1352年)であり、元服時に3代将軍正平22年/貞治6年(1367年)から就任)の足利義満から偏諱(「満」の字)を受けていることから考慮しても矛盾はない。尚、1352年という年は父の頼春が討死した年でもある(従って生誕月日によっては頼春の死後に生まれた可能性もある)。

義満の将軍就任の前年に兄の頼之が管領に任じられて幕政に携わるようになると、頼有らと共に領国である四国の経営を任される。元中9年/明徳3年(1392年)頃に備中守護代として備中に入部したらしい。翌明徳4年(1393年)には備中守護となり、以後満之の家系が守護職を世襲したことで、後に備中守護家と称される。