細川治年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川治年
Hosokawa Harutoshi.jpg
細川治年像(永青文庫蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦8年4月25日1758年5月31日
死没 天明7年9月16日1787年10月26日
改名 胤次(幼名)→賢年(初名)→治年
諡号 東岸、錦城
戒名 大恂院禅月宗関
墓所 熊本県熊本市横手の妙解寺
官位 従四位下、侍従、中務大輔、越中
幕府 江戸幕府
肥後熊本藩
氏族 細川氏
父母 父:細川重賢、母:屋越(松田氏、円諦院)
兄弟 治年、親姫(細川興徳室)、豪次(早世)
正室:細川興文の娘・謡台院
側室:織田氏、浅尾氏(妙雲院)
4男2女(年和(長男)、娘(松平頼説正室)、娘(久我通明室)ほか)
養子:立礼(斉茲
テンプレートを表示

細川 治年(ほそかわ はるとし)は、肥後熊本藩の第7代藩主。熊本藩細川家8代。

生涯[編集]

宝暦8年(1758年)4月25日、第6代藩主・細川重賢の次男として生まれる。幼名は胤次、のち元服して父・重賢より1字を与えられて初名の賢年[1](かたとし)を名乗る。天明5年(1785年)、父の死去により家督を継ぎ、将軍徳川家治より偏諱を賜って治年と改名。父の「宝暦の改革」を引き継いだ藩政を行なったが、翌天明6年(1786年)から天災が起こって、米価高騰により藩内で打ちこわしが起こるなどの苦境に立たされ、そのような中で、天明7年(1787年)9月16日に死去した。享年30。

長岡年和(としかず、1781-1800)をはじめ男子が皆早世していたために嗣子がなく、正室・謡台院(埴姫)の同母弟で、支藩の宇土藩主の細川立礼(改め斉茲)が養子に入り跡を継いだ。これにより、細川玉(ガラシャ)の血統は細川本家では絶えることとなった。

妻・子女[編集]

  • 正室: 謡台院 (1755-1803、埴姫、細川興文の娘)
    • (※子を授かっていたが流産。)  
  • 側室: 登恵崎(織田氏
    • 娘: 寿姫(1779-1795、寧子、咸姫、松平頼説室)
    • 嫡男: 長岡年和(1781-1800、幼名:雄次)- 早世。
    • 息子: 応五郎(1786-1791)- 夭折。  
  • 側室: 妙雲院 千木(浅尾氏)
    • 息子: 浄丸(1785)- 夭折。  
    • 娘: 就姫(1787-1847、美子、久我通明室)
  • 嗣子
    • 養子:細川斉茲(義弟(謡台院の同母弟))


出典[編集]

  1. ^ 『大名細川家の至宝 文武の歴史と雅の文化・永青文庫名品展』(編:山梨県立美術館)掲載系図およびこちらのページより。