細川興昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
細川 興昌
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年(1604年
死没 寛永20年3月22日1643年5月10日
別名 勝千代丸(幼名)
戒名 伝宗院紹津要岳
墓所 栃木県芳賀郡茂木町の能持院
官位 従五位下、玄蕃頭
幕府 江戸幕府
常陸谷田部藩
氏族 細川氏
父母 父:細川興元、母:沼田清延の娘
正室:加藤貞泰の娘
興隆

細川 興昌(ほそかわ おきまさ)は、常陸谷田部藩の第2代藩主。

慶長9年(1604年)、細川幽斎の次男・細川興元(のちの初代谷田部藩主)の長男として京都で生まれる。元和5年(1619年)に父が死去したため家督を継ぐ。元和8年(1622年)に従五位下・玄蕃頭に叙位・任官する。

藩政では六斎市の開設、城下町の建設などに尽力した。城下町の規模は異常に小さく、大名らしくないと揶揄されたこともあったとされる。寛永20年(1643年)3月22日に死去した。享年40。跡を長男の興隆が継いだ。