細川興虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川 興虎
時代 江戸時代中期
生誕 宝永7年(1710年
死没 元文2年12月21日1738年2月9日
別名 武三郎(幼名)
戒名 乾徳全梁松林院
墓所 栃木県芳賀郡茂木町の能持院
官位 従五位下、玄蕃頭、長門
幕府 江戸幕府
常陸谷田部藩
氏族 細川氏
父母 父:細川興誠、母:細川興栄の娘
正室:牧野英成の娘
興晴、豊之助

細川 興虎(ほそかわ おきとら)は、常陸谷田部藩の第5代藩主。

生涯[編集]

宝永7年(1710年)、第4代藩主・細川興栄婿養子である細川興誠の長男として生まれる。生母は興栄の娘なので、外孫に当たる。

興誠は正徳5年(1715年)に病気を理由に廃嫡された上、享保13年(1728年)に早世した。このため、興栄の隠居により、11月23日に家督を譲られ、従五位下・玄蕃頭に叙位・任官する。元文2年(1737年)には長門守に遷任するが、間もなく同年12月21日1738年2月9日)に谷田部で死去した。享年28。

跡を長男の興晴が継いだ。

参考文献[編集]